emath BBS (Read Only)

新規発言一覧最新記事過去一覧検索HOME

No.12836  Re:perl連携について
発言者: a.y.
発言日: 2015 10/12 20:12
すいません補足です。
ヘッダーに何も書かなければちゃんと表示されました。(上のプリアンブルではOK)

実際はヘッダーにタイトルが打ってあり、最初の投稿のように値が出ません。

↓実際のもの

\documentclass[b5paper]{jarticle}
%\documentclass[b4paper,landscape,twocolumn]{jarticle}%B4の2段組
%\setlength{\columnseprule}{0.4pt} 罫線を入れる
\usepackage{ascmac,amssymb}
\usepackage{amsmath}
\usepackage{latexsym}
\usepackage{ulem}
\usepackage{fancybox} 
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
\usepackage{amsthm}
\usepackage{fancyhdr}
\usepackage{float}
\usepackage{here}

\theoremstyle{definition}
\newtheorem{theo}{Theorem}[subsection]
\newtheorem{lemm}[theo]{Lemma}
\newtheorem{rem}[theo]{Remark}
\newtheorem{prop}[theo]{Proposition}
\newtheorem{cor}[theo]{Corollary}

\makeatletter
 \renewcommand{\theequation}{%
   \thesubsection.\arabic{equation}}
  \@addtoreset{equation}{subsection}
\makeatother

\setcounter{tocdepth}{2}%目次にsubsectionも出力する。

\usepackage{emath}%emathパッケージでは,数式番号は丸付き数字にリーダを前提。
\usepackage{emathPh}
\usepackage{emathPb}
\usepackage{emathPsiki}
\usepackage{emathT}
\usepackage{emathEy}
\usepackage{EMminipages}
\usepackage{emathMw}
\usepackage{emathPs}

\usepackage{emathPl}
\usepackage{emathPp}

\resettagform%emath パッケージを使用して,数式番号を LaTeX標準に戻す

\usepackage{multido}
\usepackage{multicol}
\usepackage[top=20truemm,bottom=10truemm,left=20truemm,right=20truemm]{geometry}%余白


 \pagestyle{fancy}%ヘッダーとフッター
  \lhead{\large\bf{中3}}
  \chead{}
  \rhead{\large\bf{(文字を含む)2次関数の最大$\cdot$最小【補足プリント】}}
  \cfoot{\pagestyle{empty}}



\def\heiko{\mathrel{\raise.3ex\hbox{\scalebox{.7}{%
\rotatebox[origin=c]{-7}{/}%
\kern-.35em\rotatebox[origin=c]{-7}{/}}}}}%
\def\notheiko{\mathrel{\raise.3ex\hbox{\scalebox{.7}{%
\ooalign{\rotatebox[origin=c]{-7}{/}\kern-.35em%
\rotatebox[origin=c]{-7}{/}\crcr%
\hfil$\backslash$\hfil}}}}}%
%\heikoで平行マーク

\makeatletter
\def\@maketitle{%
\begin{center}%
\let\footnote\thanks
\vspace*{5cm} % この量でタイトルの位置が下がる。
{\LARGE \@title \par}%
\vskip 1.5em%
{\large
\lineskip .5em%
\begin{tabular}[t]{c}%
\@author
\end{tabular}\par}%
\vskip 1em%
{\large \@date}%
\end{center}%
\par\vskip 1.5em}
\makeatother 

\title{}
\date{}

\begin{document}
\noindent$\diamondsuit$場合分けを必要とする2次関数の最大$\cdot$最小について,以下の問題を利用して考えてみる。\\~\\
\begin{shadebox}
$0\leqq x\leqq4$~における関数$f(x)=x^2-2ax+2a+3$の最大値を$M(a)$,~最小値を$m(a)$とする。$M(a),~m(a)$をそれぞれ$a$の式で表せ。
\begin{flushright}
※青チャートから
\end{flushright}
\end{shadebox}
~\\~\\
\noindent\fbox{解答}


$f(x)=x^2-2ax+2a+3$を平方完成すると
\begin{align*}
f(x)&=x^2-2ax+2a+3\\
    &=(x-a)^2-a^2+2a+3~~(0\leqq x\leqq4)
\end{align*}
\begin{center}
$\therefore$~~軸の方程式は$x=a$,~頂点は$(~a,~-a^2+2a+3~)$~
\end{center}
よって,次の5つの場合に分けて考える。

\def\Fx{log2(10,X)}
\funcval\Fx{2}\xii
\funcval\Fx{3}\xiii
2, 3
の常用対数の近似値はそれぞれ
\xii, \xiii
です。


\end{document}

▼関連発言

12834:perl連携について [a.y.] 10/12 19:04
 ├12835:Re:perl連携について [tDB] 10/12 20:11
 │└12837:Re[2]:perl連携について [a.y.] 10/12 20:19
 └12836:Re:perl連携について [a.y.] 10/12 20:12
  └12838:Re[2]:perl連携について [tDB] 10/12 20:33
   └12839:Re[3]:perl連携について [a.y.] 10/12 20:44
    └12840:Re[4]:perl連携について [tDB] 10/12 20:58
     └12841:Re[5]:perl連携について [a.y.] 10/13 14:22
      └12842:Re[6]:perl連携について [tDB] 10/13 14:48
       └12850:Re[7]:perl連携について [a.y.] 10/15 06:14<-last

  返信フォーム [引用]
名 前 保存
題 名
メール省略可
★質問では,問題点を例示する完全なTeXファイル
 (\documentclass から \end{document} まで)
 を示していただくのが解決の早道です。
★エラーが出る場合は,ログファイルから
 エラーメッセージをコピー&ペーストしてください。
★この板では,投稿者が改行を入れない限り
 延々と右に続きます。適宜,改行を入れてください。
発 言
URL 省略可
PASSWORD
書き込む
◆ emath と無関係な話題はご遠慮願います。

Pass 保存


CGIROOM