emath saloon (Read Only)

新規発言一覧最新記事過去一覧検索HOME

スレッド

└◇1189:
Re[6]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加 [tDB] 04/17 19:26

 └◇1190:Re[7]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加 [tDB] 04/21 12:51
  ├◇1191:Re[8]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加 [山出智士] 04/22 09:18
  └◇1192:Re[8]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加 [山出智士] 04/22 09:23
   └◇1193:Re[9]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加 [tDB] 04/22 10:34
    └◇1194:Re[10]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加 [山出智士] 04/22 15:57<-last


1189● Re[6]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加[ tDB ] 2014 04/17 19:26
> tDB様のメールアドレスがわからないので、教えてくださいませんでしょうか。

丸ごとパック同梱の readme.txt をご覧ください。
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


1190● Re[7]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加[ tDB ] 2014 04/21 12:51
画面キャプチャを拝見しましたが
特に問題点は見あたりません。
perllib.tex をタイプセットして
> Non-existent file: -perllib.tex
とは,不可解なメッセージです。

次の情報をください。

1. コマンドプロンプトで,perllib.tex が存在するディレクトリに移動した後,
 キーボードから
      dir
  と打ち込んでエンターキーを押した結果の画面コピーを貼り付けてください。
  (画面キャプチャではなく,画面コピー)

2. もう一度 texworks で perllib.tex をタイプセットした後,
  perllib.tex と同じディレクトリに perllib.log というファイルがあれば
  それを貼り付けてください。

3. ~\.texlive2013\texmf-config\texworks\configuration\tools.ini
  を貼り付けてください。
  (これはテキストファイルです。)
  (~ はあなたのホームディレクトリを指します。)
 (ホームディレクトリについては
        emathWiki/emath.styの置き場所/ホームディレクトリの確認
    をご参照ください。)
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


1191● Re[8]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加[ 山出智士 ] 2014 04/22 09:18
perllib.tex が存在するディレクトリの情報

C:\Users\k888737\Documents>dir
 ドライブ C のボリューム ラベルは OS です
 ボリューム シリアル番号は CE3A-B066 です

 C:\Users\k888737\Documents のディレクトリ

2014/04/22  09:09    <DIR>          .
2014/04/22  09:09    <DIR>          ..
2014/04/21  11:36               102 perllib.tex
2014/04/17  17:57             2,774 perllib.txt
               2 個のファイル               2,876 バイト
               2 個のディレクトリ  277,343,596,544 バイトの空き領域



TeXworksではタイプセットできていないので、TeXworks経由では perllib.log が作成されません。
コマンドプロンプト経由でタイプセットは問題なくできるので、コマンドプロンプト経由でのタイプセット時に作成された perllib.log を貼り付けます。

This is e-pTeX, Version 3.1415926-p3.4-110825-2.6 (sjis) (TeX Live 2013/W32TeX) (format=platex 2014.4.4)  22 APR 2014 09:16
entering extended mode
 \write18 enabled.
 %&-line parsing enabled.
**perl.lib
(./perllib.tex
pLaTeX2e <2006/11/10> (based on LaTeX2e <2011/06/27> patch level 0)
Babel <3.9f> and hyphenation patterns for 78 languages loaded.
(c:/texlive/2013/texmf-dist/tex/platex/base/jarticle.cls
Document Class: jarticle 2006/06/27 v1.6 Standard pLaTeX class
\c@@paper=\count81
(c:/texlive/2013/texmf-dist/tex/platex/base/jsize10.clo
File: jsize10.clo 2006/06/27 v1.6 Standard pLaTeX file (size option)
)
\c@part=\count82
\c@section=\count83
\c@subsection=\count84
\c@subsubsection=\count85
\c@paragraph=\count86
\c@subparagraph=\count87
\c@figure=\count88
\c@table=\count89
\abovecaptionskip=\skip41
\belowcaptionskip=\skip42
\symmincho=\mathgroup4
LaTeX Font Info:    Overwriting symbol font `mincho' in version `bold'
(Font)                  JY1/mc/m/n --> JY1/gt/m/n on input line 601.
\toclineskip=\dimen118
\@lnumwidth=\dimen119
\bibindent=\dimen120
\heisei=\count90
)
No file perllib.aux.
\openout1 = `perllib.aux'.

LaTeX Font Info:    Checking defaults for OML/cmm/m/it on input line 2.
LaTeX Font Info:    ... okay on input line 2.
LaTeX Font Info:    Checking defaults for T1/cmr/m/n on input line 2.
LaTeX Font Info:    ... okay on input line 2.
LaTeX Font Info:    Checking defaults for OT1/cmr/m/n on input line 2.
LaTeX Font Info:    ... okay on input line 2.
LaTeX Font Info:    Checking defaults for OMS/cmsy/m/n on input line 2.
LaTeX Font Info:    ... okay on input line 2.
LaTeX Font Info:    Checking defaults for OMX/cmex/m/n on input line 2.
LaTeX Font Info:    ... okay on input line 2.
LaTeX Font Info:    Checking defaults for U/cmr/m/n on input line 2.
LaTeX Font Info:    ... okay on input line 2.
LaTeX Font Info:    Checking defaults for JY1/mc/m/n on input line 2.
LaTeX Font Info:    ... okay on input line 2.
LaTeX Font Info:    Checking defaults for JT1/mc/m/n on input line 2.
LaTeX Font Info:    ... okay on input line 2.
[1

runsystem(perl -V>perllib.txt)...executed.

] (./perllib.aux) ) 
Here is how much of TeX's memory you used:
 248 strings out of 494004
 2469 string characters out of 6157312
 55931 words of memory out of 5000000
 3793 multiletter control sequences out of 15000+600000
 7519 words of font info for 31 fonts, out of 8000000 for 9000
 745 hyphenation exceptions out of 8191
 22i,4n,19p,131b,157s stack positions out of 5000i,500n,10000p,200000b,80000s

Output written on perllib.dvi (1 page, 228 bytes).
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


1192● Re[8]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加[ 山出智士 ] 2014 04/22 09:23
~\.texlive2013\texmf-config\texworks\configuration\tools.ini
の中身です。



[001]
name=pdfTeX
program=pdftex.exe
arguments=$synctexoption, $fullname
showPdf=true

[002]
name=pdfLaTeX
program=pdflatex.exe
arguments=$synctexoption, $fullname
showPdf=true

[003]
name=LuaTeX
program=luatex.exe
arguments=$synctexoption, $fullname
showPdf=true

[004]
name=LuaLaTeX
program=lualatex.exe
arguments=$synctexoption, $fullname
showPdf=true

[005]
name=XeTeX
program=xetex.exe
arguments=$synctexoption, $fullname
showPdf=true

[006]
name=XeLaTeX
program=xelatex.exe
arguments=$synctexoption, $fullname
showPdf=true

[007]
name=ConTeXt (LuaTeX)
program=context.exe
arguments=--synctex, $fullname
showPdf=true

[008]
name=ConTeXt (pdfTeX)
program=texexec.exe
arguments=--synctex, $fullname
showPdf=true

[009]
name=ConTeXt (XeTeX)
program=texexec.exe
arguments=--synctex, --xtx, $fullname
showPdf=true

[010]
name=BibTeX
program=bibtex.exe
arguments=$basename
showPdf=false

[011]
name=MakeIndex
program=makeindex.exe
arguments=$basename
showPdf=false

[012]
name=pLaTeX (ptex2pdf)
program=ptex2pdf
arguments=-l, -ot, "-kanji=utf8 $synctexoption", $fullname
showPdf=true

[013]
name=upLaTeX (ptex2pdf)
program=ptex2pdf
arguments=-l, -u, -ot, "-kanji=utf8 $synctexoption", $fullname
showPdf=true

[014]
name=pBibTeX
program=pbibtex.exe
arguments=$basename
showPdf=false

[015]
name=mendex
program=mendex.exe
arguments=$basename
showPdf=false

[016]
name=shellescape
program=C:/texlive/2013/bin/win32/ptex2pdf.exe
arguments=-l, -ot, "-shell-escape -kanji=utf8 -guess-input-enc $synctexoption", -$fullname
showPdf=true
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


1193● Re[9]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加[ tDB ] 2014 04/22 10:34
> [016]
> name=shellescape
> program=C:/texlive/2013/bin/win32/ptex2pdf.exe
> arguments=-l, -ot, "-shell-escape -kanji=utf8 -guess-input-enc $synctexoption", -$fullname
> showPdf=true

arguments=.... の部分に誤りがあります。
次の操作をしてみてください。

TeXWorks を起動し,メニューバーから
編集
 設定
  タイプセット
   タイプセットの方法
とたどり
 shellescape
を選択して,右の
 編集をクリックして,引数欄

-l
-ot
-shell-escape -guess-input-enc $synctexoption
-$fullname

となっている最後の行の頭にある - を削除し
$fullname
とします。
(-$fullname
  とある部分をダブルクリックすると編集可能状態となります。)

当サイト,
  TexWorks で perl との連携
ページの記述に誤りがありましたので,訂正しました。
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


1194● Re[10]:TeXworksで-shell-escapeオプション付加[ 山出智士 ] 2014 04/22 15:57
tDB様

ご指摘の通りに設定を修正いたしました。
TeXworksを用いて、問題なくタイプセットできました。
ご指導ありがとうございました。
コメントを書く(引用) | スレッド一覧

CGIROOM