\Taisyouten

平面上で任意の点の(2定点を通る)直線に関する対称点を与えます。
直線が定点と方向ベクトル、または定点と方向角で与えられているときは
それぞれ \mTaisyouten, \kTaisyouten を用います。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\Taisyouten#1#2#3[#4]#5

  • #1 : 点
  • #2, #3 : 直線上の2点
  • #4 : 点対称の中心を受け取る制御綴
  • #5 : 求める対称点を受け取る制御綴

\mTaisyouten#1#2#3[#4]#5

  • #1 : 点
  • #2 : 直線上の1点
  • #3 : 直線の方向ベクトル
  • #4 : 点対称の中心を受け取る制御綴
  • #5 : 求める対称点を受け取る制御綴

\kTaisyouten#1#2#3[#4]#5

  • #1 : 点
  • #2 : 直線上の1点
  • #3 : 直線の方向角(度数法)
  • #4 : 点対称の中心を受け取る制御綴
  • #5 : 求める対称点を受け取る制御綴

  1. \Taisyouten\P\A\B\Q
    直線 AB について 点 P と線対称な点 Q を求めます。
  2. \Taisyouten\P\A\B[\H]\Q
    直線 AB について 点 P と線対称な点 Q を求めるとともに,
    点対称の中心 H も求めます。
    taisyouten.png
  3. \mTaisyouten\P\A\mvec\Q
    点Aを通り,方向ベクトルが\mvecである直線について
    点 P と線対称な点 Q を求めます。
    mTaisyouten.png
  4. \kTaisyouten\P\A\kaku\Q
    点Aを通り,方向角が\kakuである直線について
    点 P と線対称な点 Q を求めます。
    kTaisyouten.png

入試問題から

2006 東京大学file0021200607.tex0021200607fig.png
2007 慶應義塾大学file2062200712.tex2062200712fig.png

関連事項

  1. 点対称については,分点公式( 2 : -1 ) を用います。
  2. \SuityokuNitoubunsen
    1546

添付ファイル: filetaisyouten.png 159件 [詳細] filemTaisyouten.png 158件 [詳細] filekTaisyouten.png 154件 [詳細] fileTaisyouten.tex 210件 [詳細] file2062200712fig.png 152件 [詳細] file2062200712.tex 222件 [詳細] file0021200607fig.png 156件 [詳細] file0021200607.tex 274件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-17 (土) 09:36:07 (2746d)