\ArrowLine

矢線を描画します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\ArrowLine<#1>[#2]#3#4

  • #1: key=val 形式をコンマ区切りで並べます。
  • #2:
#2=b
両向きに矢印
#2=0〜1 の数値
鏃の位置
  • #3: 矢線の始点
  • #4: 矢線の終点

    #1 における有効な key は

allinethickness
幹の太さを変更します。
arrowheadsize
鏃のサイズを変更します。
Henvi
矢線始点の位置を微調整します。
Henvii
矢線終点の位置を微調整します。
putpos
文字列配置基準点を変更します。
putstr
矢線の傍に文字列を配置します。
sensyu
線種を変更します。

以下,emathPs.sty で定義されている \ArrowLine 特有のオプションです。

arrowsize
矢線の諸サイズを変更します。

基本例

始点と終点を与えて矢線を描画します。
ArrowLine01.png

鏃サイズ変更

鏃のサイズを変更します。
右辺値は,デフォルトのサイズを 1 とする相対値(無名数)です。
arrowheadsize01.png
鏃のサイズ変更とは全く独立の話題ですが,
鏃にくぼみをつけるコマンド \ArrowHeadPit は,\ArrowLine に対しても有効です。
arrowheadsize02.png

(注)<arrowheadsize=..>オプションは,pszahyou(*)環境に対しては無効です。

線幅変更 <allinethickness=..>

幹の太さを変更するオプションが <allinethickness=..> です。
右辺値は単位を伴った長さです。
太くするときは,<arrowheadsize=..> で鏃のサイズも変更する場合が多いでしょう。
allinethickness01.png

(注)<arrowheadsize=..>オプションは,pszahyou(*)環境に対しては無効です。

線種変更 <sensyu=..>

線分の線種を変更します。
<sensyu=\hasen> で,破線を指定します。
sensyu01.png
  • pszahyou環境の場合は,このオプションは無効です。
    \Drawline コマンドに <yazirusi=a> オプションをつけて実現します。
    sensyu02.png

矢印を両向きに

オプション引数[#2]に[b]を与えることで,鏃を両方向につけることが出来ます。
ArrowLine21.png

鏃の位置

デフォルトでは鏃は終端につきます。
これを変更するには,[#2] に 0〜1 の数値を与えます。
デフォルトは 1 で,終端です。
ArrowLine22.png
上の図では,[#2]として[0.5]を与えていますから,鏃は中点につきます。
中点に見えない,という方のために付言すると
  鏃の先端が指定位置(この場合中点)
となります。

矢線の傍に文字列 <putstr=..>

矢線の傍に文字列を配置します。
右辺値は,文字列
  (必要に応じて 文字列に \emathPut の配置オプションを前置します。)
putstr01.png

文字列の回転

文字列を矢線の向きに回転させるなど,細かい注文をつけたいときは
  \HenKo を援用
します。
円弧を描画させないため,\Henko に [0] オプションをつけます。
putstr03.png
  • 回転は,\rotatebox を使用しますから,graphicx.sty を読み込んでおくことが前提です。
    また,\HenKo を使用しますから,color.sty も必要です。

文字列配置基準点の変更 <putpos=..>

<putstr=..> で配置される文字列の配置基準点は,デフォルトでは矢線中央です。
これを動かすオプションが <putpos=..> で,右辺値は
  0 〜 1 の数値で,デフォルトは 0.5 です。
下の例では,<putpos=1> として,配置基準点を矢線終端としています。
putpos01.png

終点位置の微調整 <Henvii=..>

下の図で,点Bに黒丸が打ってありますから,
矢線ABの鏃の先端は黒丸にめり込んでいます。
Henvii00.png
これでよい,という考えもありますが,
鏃の先端を黒丸の周で止めたい,という意見もあります。
そのためには <Henvii=..> で,右辺に終端を微調整する変位ベクトルを与えます。
下の例では,
  \Mulvec*{1pt}{(-2,1)}\syuusei
として,ベクトルBAと同じ向きで大きさが黒丸半径である 1pt のベクトル \syuusei
を求め,それを <Henvii=..> の右辺値に与えています。
Henvii01.png
なお,始点を微調整するには <Henvi=..> オプションを用います。

矢線の諸サイズ変更(pszahyou(*)環境)

pszahyou(*)環境において,\ArrowLine で描画される矢線について
幹の太さ,鏃の長さ・横幅,窪みを変更するには
  <arrowsize=..>
オプションを用います。右辺値は,\setarrowsize コマンド
  \setarrowsize<#1>#2#3#4
の引数をそのまま記述します。
このオプションは局所的で,当該 \ArrowLine についてのみ有効です。
下の例で,矢線ABにオプションをつけても,
その後で描画される矢線CDには影響が及びません。
広範囲に変更するときは \setarrowsize コマンドを用います。
arrowsize.png

注意事項

関連事項


添付ファイル: fileHenvii01.png 217件 [詳細] fileHenvii00.png 212件 [詳細] filesensyu02.png 212件 [詳細] filesensyu01.png 311件 [詳細] fileputstr03.png 255件 [詳細] fileputstr01.png 348件 [詳細] fileputpos01.png 337件 [詳細] filearrowsize.png 363件 [詳細] filearrowheadsize02.png 348件 [詳細] filearrowheadsize01.png 375件 [詳細] fileallinethickness01.png 338件 [詳細] fileArrowLine22.png 324件 [詳細] fileArrowLine21.png 297件 [詳細] fileArrowLine01.png 309件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-02 (月) 20:23:07 (2206d)