\Bousin

三角形の傍心を求めます。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\Bousin#1#2#3#4

  • #1, #2, #3 : 三角形の頂点
  • #4 : #1 に対する傍心(∠(#1)内にあるもの)を受け取る制御綴
  • コマンド実行後,傍接円の半径が \lr に保存されています。

基本例

△ABCの傍心 I_A を求めています。
傍接円の半径が \lr なる制御綴に与えられますが,
傍接円を描画するだけなら \Bousetuenコマンドの方が簡潔でしょう。
傍接円と三辺との接点を作図するには
  \Suisen
コマンドで,傍心から各辺に下ろした垂線の足を求めます。
Bousin01.png
3つの傍心と傍接円を描画してみます。
Bousin02.png

注意事項

  1. その1

関連事項


添付ファイル: fileBousin02.png 64件 [詳細] fileBousin01.png 67件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-27 (木) 19:48:23 (1419d)