\Buntenretu
\Buntenretu*
\iiiBuntenretu
\iiiBuntenretu*

複数の線分の分点を求め,\tenretu に引き継ぎます。
\Buntenretu* は,\tenretu* に引き継ぎます。
\iiiBuntenretu, \iiiBuntenretu* は空間座標を扱います。
 

定義されているスタイルファイル

Buntenretu.sty

書式

\Buntenretu(#1:#2)<#3>#4
    (#1:#2) は線分を分ける比です(省略時は 1:1 すなわち中点)
  #3 は key=val 形式で,\tenretu に引き継がれます。
  #4 は線分列を `;' で区切った列
    点列は
    [##1]##2##3(##4:##5)##6##7
  の形式で線分列を `;' で区切る。
  • ##1: 名札(省略時は,##6 から \ を除いたもの)
  • ##2##3: 線分の端点
  • (##4:##5): 線分を分ける比(省略時は #1:#2)
  • ##6: 分点を取得する制御綴
  • ##7: emathPut へ引き継ぐオプション

基本例

三角形ABC の各辺の中点を求める例です。
Buntenretu01.png

分比の指定

辺を分ける比を指定する例です。
Buntenretu02.png
  • \Buntenretu に対する (#1:#2) オプションは,すべての線分列に対し共通ですが,
    線分列内の (##3:##4) は当該線分に対してのみ働きます。
    Buntenretu03.png

名札の指定

分点に付けられる名札は,分点を表す制御綴名ですが,これを変更するオプションが [##1] です。
nahuda01.png

入試問題から

2013 京都大学file0048201302.tex0048201302fig.png
2013 東北大学file0010201315.tex0010201315fig.png

関連事項


添付ファイル: filenahuda01.png 47件 [詳細] file0048201302fig.png 95件 [詳細] file0048201302.tex 139件 [詳細] file0010201315fig.png 94件 [詳細] file0010201315.tex 180件 [詳細] fileBuntenretu03.png 97件 [詳細] fileBuntenretu02.png 105件 [詳細] fileBuntenretu01.png 106件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-27 (木) 19:48:25 (1327d)