\ETen
\EPoint

楕円(軸は座標軸に平行)において
離心角を与えて楕円周上の点を求めます。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\ETen<#1>#2#3#4#5#6

  • #1: key=val
    有効なキーは
perl
計算を perl で行います。当然,emathPp.sty が必要です。
高精度を求める,というよりは,他の引数に perl の計算式を与えたい時便利です。
radian
離心角を弧度法で与えます。
  • #2: 楕円の中心
  • #3:    水平方向の半径
  • #4:    垂直方向の半径
  • #5: 離心角(デフォルトは度数法,<radian>オプションを与えたときは弧度法)
  • #6: 周上の点を受け取る制御綴

基本例

下の例では,楕円 x^2/4+y^2=1 において,離心角 60°の点 P を求めています。 
P を通り x軸に垂直な直線と補助円 x^2+y^2=4 との交点のうち,x軸に関して
P と同じ側にある点 Q を原点と結べば ∠QOx = 60°となります。
ETen01.png

入試問題から

2008 学習院大学file2056200803.tex2056200803fig.png

注意事項

  • \EPoint は \ETen と同義のマクロです。

関連事項


添付ファイル: fileETen01.png 140件 [詳細] file2056200803fig.png 169件 [詳細] file2056200803.tex 269件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-27 (木) 19:48:33 (1816d)