\HenToubun

線分の n等分点を求めます。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\HenToubun<#1>#2#3#4#5
辺#2#3の(#4)等分点を定義します。
  • #1: key=val, 有効なキーは
kuromaru
辺等分点に黒丸を描画します。
nahuda
辺等分点に名札をつけます。
tatebou
辺等分点に縦棒を描画します。
  • #2: 端点1
  • #3: 端点2
  • #4: 分割数
  • #5: 分点の名前(配列基幹名,または,コンマ区切り点列名)
    • #5 において,戻る分点の個数は両端を除く (n-1)個

基本例

線分ABの 6等分点
  \Pi,\Pii,\Piii,\Piv,\Pv
を求めます。
HenToubun01a.png
  • n等分点を配列形式ではなく,個別に名称を定める方式です。
    線分ABの3等分点を \C, \D と指定する例です。
HenToubun02a.png
  • この方式では,#4で与えるべき名称の個数は(n-1)でなければなりません。
    個数が不一致の場合はエラー
    ! HenToubun:arg5 doesn't much arg4.
    が発生します。

分点に黒丸

分点に黒丸をつけるには,\HenToubun に <kuromaru> オプションを付けます。
kuromaru01.png
  • 両端点にも黒丸を付けるには <kuromaru=-1> とします。
kuromaru02.png

分点に名札

分点に名札を貼るには,\HenToubun に <nahuda> オプションを付けます。
nahuda01.png
  • 名札を付ける位置は次のように定めています。
    分点から線分の終点(#3)へ向かうベクトルを,分点を中心に +90度回転したベクトル上で,
    分点からの距離が <nahuda=..> の右辺値(右辺値を省略した場合は 0.8em) のところです。
  • <nahuda=..> の右辺値が負の場合は
nahuda02.png
  • 分点毎に位置を変えたいという場合は,<nahuda> オプションは使わず,
    \tenretu** コマンドなどで対応します。

関連事項


添付ファイル: filenahuda02.png 147件 [詳細] filenahuda01.png 160件 [詳細] filekuromaru02p.tex 163件 [詳細] filekuromaru02.png 143件 [詳細] filekuromaru01.png 154件 [詳細] fileHenToubun02a.png 150件 [詳細] fileHenToubun01a.png 141件 [詳細] fileHenToubun02.png 151件 [詳細] fileHenToubun01.png 151件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-02 (月) 20:23:31 (2266d)