TbouG環境

積み上げ棒グラフを描画します。
 

定義されているスタイルファイル

emathG.sty

tpic specials による描画を行います。
これに対して,emathGps.sty では,PostScript による描画を行います。

書式

\begin{TbouG}<#1>[#2](#3,#4)(#5,#6)
  • #1 における有効な key は
boukankaku
棒と棒の間の間隔を指定します。
bouxo
棒の横位置をずらします。
okuyuki
棒を直方体にします。

以上は,bouG環境と同様です。

Musubisen
棒間を線で結びます。
  • #2以降は,zahyou環境の引数です。
\Tbou#1#2
  • #1: 度数をコンマ区切りで列記
  • #2: 横軸下に配置するラベル名
\Tbou*[#1]#2#3
  • #1: \Nuritubusi に引き継がれます。
  • #2〜#3: \Tbou に引き継がれます。
\bou**[#1]<#2>#3#4
  • #1,#2: \Nuritubusi* に引き継がれます。
  • #3〜#4: \Tbou に引き継がれます。

基本例

積み上げ棒グラフを描画する TbouG環境は,実質 zahyou*環境です。
簡単な一例をご覧ください。
TbouG01.png
  • TbouG環境で用意した座標平面に
      \Tbou
    コマンドで積み上げ棒グラフを描画していきます。

棒間を結ぶ

棒グラフ間を線で結びます。
TbouG02.png

3D

棒を直方体とするオプションが
  okuyuki=..
です。
3D01.png
  • okuyuki=.. オプションは
      emathG.sty 2007/08/18以降
    を必要とします。

注意事項

このページは作業中です。 sampleG.tex を併せご覧ください。

関連事項


添付ファイル: fileTbouG02.png 198件 [詳細] fileTbouG01.png 188件 [詳細] file3D01.png 189件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-02 (月) 20:23:48 (2211d)