\bm

数式文字を太字にします。
 

定義されているスタイルファイル

emath.sty

書式

\bm#1

  • #1: 数式文字列
#1
数式文字列が太字になります。数式モード内で使用します。

基本例

emath パッケージにおける \bm は,amsmath.sty の \boldsymbol の別名です。
bm01.png

bm.sty の \bm

bm.sty (tools パッケージ)で \bm が定義されています。
emath.sty のそれとバッティングします。
bm.sty の \bm を使いたいときは
  bm.sty を emath.sty
よりも先にロードします。
この場合
  \bm は bm.sty の定義
  \boldsymbol は amsmath.sty の定義
が有効となり,emath.sty はこれらに関してはノータッチとなります。
bm02.png
  • \bm と \boldsymbol を比較すると,
      下付 n の位置
    が異なります。
  • (注)bm.sty の \bm に対して
        \bm{\dfrac{1}{2}}
    とすると,エラーとなるということが報告されています。→ 掲示板 No.6042 参照
    対処法は
        \bm{{\dfrac{1}{2}}}
    と一つにまとめることです。
    本当は
        \dfrac{\bm{1}}{\bm{2}}
    とすべきなのでしょうか。
    \dfrac のみならず,\bunsuu でも同様です。

ロード順

ロード順を逆にして
  bm.sty を後
にしますと
  \bm, \boldsymbol
どちらも bm.sty の \bm となり,
amsmath の \boldsymbol は使えなくなります。
bm03.png

注意事項

  • bm.sty は,mathgroup を4個使用します。 emathFx.sty でつまみ食いをするときなど,mathgroup が上限の 16 を超えることが ありますから注意が必要です。

関連事項


添付ファイル: filebm03.png 228件 [詳細] filebm02.png 215件 [詳細] filebm01.png 215件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-27 (木) 19:48:52 (1327d)