EMbreakrectbox環境
breakrectbox環境

ページをまたぐ rectbox環境です。~
ただし,ページをまたぐ必要がなければ,rectbox環境の使用を推奨します。
中身が1行だけの文章を breakrectbox環境で囲むなどは狂気の沙汰というべきです。
 

定義されているスタイルファイル

emathPbb.sty

書式

\begin{breakrectbox}[#1]
   .....
\end{breakrectbox}

#1 key=val をコンマ区切りで並べます。有効な key は

backgroundcolor
背景色を指定します。
bitem
下部罫線に見出し文字列を配置します。
bitempos
下部罫線に配置する見出し文字列の位置(l:左・c:中・r:(デフォルト)
framethickness
枠線の太さを指定します。
framecolor
枠線に色をつけます。
hsep
左右の縦罫線と枠内テキストとの間隔を指定します。
hvsep
罫線と枠内テキストとの上下・左右の間隔を一括指定します。
item
上部罫線に見出し文字列を配置します。
itempos
上部罫線に配置する見出し文字列の位置(l:左(デフォルト)・c:中央・r:右)を指定します。
LRonly
左右の縦罫線のみを描画します。
rectboxparindent
段落先頭のインデント量を指定します。
shade
枠の右辺・下辺に影をつけます。
vsep
上下の横罫線と枠内テキストとの間隔を指定します。

基本例

rectbox環境はページをまたぐことができません。
それを可能としたのが breakrectbox環境です。
rectbox01a.png
 
rectbox01b.png
  • ページをまたぐことができますが,break....sty の仕様として,
      一行ごとに切ってその周りに罫線を配置して並べる
    という手法がとられていますから,ブロックが大きくなれば処理に時間がかかります。
  • いくらなんでも,一行だけの文をこの環境で囲んだらおかしくなった, などとほざいてはいけません。
    rectbox 環境で済ませることができる場面では,その方が断然有利なのです。
  • 上の図はページをまたぐことを明示していますが,この後の図は一ページに収まったものを示しています。
    もちろんページをまたぐことは可能ですが,そのような図を用意することは面倒なので手抜きです。

枠内のテキスト部と枠線との間隔 --[hsep=..,vsep=..,hvsep=..] オプション

枠内のテキスト部と枠線との間隔は \fboxsep に従います。

hvsep00.png
  • これを変更するには,\fboxsep を変更すればよいわけではありますが,
    枠内テキストに含まれる \fbox などにも影響を及ぼしますから,EMpsrectbox環境独自の変更法を用意してあります。
  • まずは,左右の罫線とテキスト部との間隔です。[hsep=..]の右辺値は単位つきの長さです。
    hsep01.png
  • 上下の罫線との間隔変更は [vsep=..] オプションです。
    vsep01.png
  • もちろん,両者を併用することも出来ますが
    hvsep01.png
  • 両者が同じ長さのときは [hvsep=..] オプションでまとめて指定できます。
    hvsep02.png

段落先頭のインデント -- [rectboxparindent=..]オプション

EMpsrectbox環境は,実質 minipage環境です。したがって段落先頭のインデントはつきません。

rectboxparindent00.png
  • 必要な場合は[rectboxparindent=..]オプションを用います。
    rectboxparindent01.png
  • このオプションは,当該環境に対してのみ働く局所的オプションです。
    もっと広範囲に有効とするには,\rectboxparindentコマンドを用います。

見出し

枠線上に見出し文字列を配置します。

上見出し -- [item=..,itempos=..] オプション

罫線枠上辺に見出し文字列を配置するためのオプションが [item=..]です。右辺値は,見出し文字列です。

item01.png
  • 見出し配置位置を変更するオプションが [itempos=.] です。
    右辺値は
      l: 左(デフォルト), c: 中央, r: 右
    のいずれかです。
    itempos01.png

下見出し -- [bitem=..,bitempos=..] オプション

罫線枠下辺に見出し文字列を配置するためのオプションが [bitem=..]です。

bitem01.png
  • 下見出し配置位置を変更するオプションが [bitempos=.] です。
    デフォルトの位置は,r(右)です。
    bitempos01.png
  • 上下に見出しをつけることも可能です。
    bitem02.png

枠線の修飾

枠線の太さ指定 --[framethickness=..] オプション

枠線の太さを指定するオプションが [framethickness=..] オプションです。
右辺値は 単位を伴う長さです。
framethickness01.png
  • linethickness も同義の key として使用可能ではありますが,
    枠内の記述部に対しても働きますから,枠内に zahyou環境があったりすると影響が出ます。

枠線色指定 --[framecolor=..] オプション

枠線に色をつけるオプションです。

framecolor01.png

影付き --[shade=..] オプション

枠線右・下に影をつけるオプションが [shade] です。
shade01.png
  • デフォルトでは,影の線幅は 5pt ですが,オプションの右辺値で変更可能です。
    shade02.png
  • 上見出しをつけることも出来ます。
    shade03.png

枠の形状

丸コーナー

四隅を丸くするには,[rectboxoval=..] オプションを用います。
oval01.png
  • この機能は tpic-specials によって実現していますが,
    四隅の四分円と縦・横の罫線との接続に難があります。
    気になるという場合は
       EMpsframed環境 or EMpIIeframed環境
    を用います。

左右の罫線のみ --[LRonly] オプション

[LRonly] オプションは左右の罫線のみを描画します。
(天地の罫線は描画されません。)
LRonly01.png

左罫線のみ --[Lonly] オプション

[Lonly] オプションは左罫線のみを描画します。
Lonly01.png
  • [kagi]オプションをつけると,左罫線の上下を右方向に「折る」ことができます。
    Lonly04.png

二重枠 (breakrectbox環境のネスト)

breakrectbox環境の中に breakrectbox環境を配置することで,二重枠線の囲みを作ることが出来ます。
doublebox01.png
  • 外側の罫線枠を太くしています。そのためのオプション
       [linethickness=1pt]
    を外側の rectbox環境に附加していますが,これが内側の rectbox環境にも影響を及ぼします。
    従って,内側の rectbox環境に対しても [linethickness=..] オプションが必要です。
    doublebox02.png

背景色指定 --[backgroundecolor=..] オプション

テキスト部に背景色をつけるオプションです。

bgcolor01a.png
  • bgcolor も backgroundcolor と同義の key です。

傍注

breakrectbox環境内では,\marginparコマンドは使用できません。
代えて,\MigiRangaiコマンドを用います。
 
boutyuu01.png
  • ただし,このコマンドは emathBk.sty で定義されていますから,それを読み込んでおく必要があります。
  • 傍注記号を付与するなど,細かいことは\MigiRangaiのページをご覧ください。
  • 上の例(画像)では,breakrectbox環境の枠線の他に, 本文領域・傍注領域を示す枠線も表示してあります。

脚注

breakrectbox 環境内に付した \footnote は,
breakrectbox が複数ページにまたがる場合,
breakrectbox 環境が終了するページにまとめて出力されます。
footnote01p1.png
 
footnote01p2.png

注意事項

  1. この環境は,1行ごとに分割して処理をします。
      (break... 環境はすべてそうです)
    ページをまたぐ必要がなければ,rectbox環境を使用します。
  2. ページをまたぐという前提ですから,中のテキストは複数行であることが前提です。
    極端な使用法として,
      中身が1行だけの文を breakrectbox環境で囲むとおかしくなる
    などというクレームは論外です。
    ( rectbox環境を使えばよい,ということ。)
  3. emathPbb.sty では,「EMbreakrectbox環境」の名前で定義されています。
    他のスタイルファイルと競合しない限り,「breakrectbox環境」の名前で使用することができます。

関連事項

  1. 枠のコーナーを丸くするには,
      EMpsframed環境 or EMpIIeframed環境
    をお勧めします。
  2. 枠線を破線とするには,
      EMpsframed環境 or EMpIIeframed環境
    を用います。
    4498

添付ファイル: filevsep01.png 130件 [詳細] fileshade03p.tex 220件 [詳細] fileshade03.png 132件 [詳細] fileshade02.png 139件 [詳細] fileshade01.png 118件 [詳細] filerectboxparindent01.png 126件 [詳細] filerectboxparindent00.png 119件 [詳細] filerectbox01p.tex 228件 [詳細] fileoval01.png 131件 [詳細] fileitempos01.png 138件 [詳細] fileitem01.png 133件 [詳細] filehvsep02.png 127件 [詳細] filehvsep01.png 124件 [詳細] filehvsep00.png 140件 [詳細] filehsep01.png 123件 [詳細] fileframethickness01.png 137件 [詳細] fileframecolor01.png 119件 [詳細] filefootnote01p2.png 123件 [詳細] filefootnote01p1.png 124件 [詳細] filefootnote01p.tex 278件 [詳細] filedoublebox02p.tex 212件 [詳細] filedoublebox02.png 121件 [詳細] filedoublebox01.png 120件 [詳細] fileboutyuu01p.tex 296件 [詳細] fileboutyuu01.png 134件 [詳細] filebitempos01.png 136件 [詳細] filebitem02.png 123件 [詳細] filebitem01.png 139件 [詳細] filebgcolor01p.tex 238件 [詳細] filebgcolor01a.png 139件 [詳細] fileLonly04.png 145件 [詳細] fileLonly01.png 141件 [詳細] fileLRonly01.png 123件 [詳細] filerectbox01b.png 201件 [詳細] filerectbox01a.png 220件 [詳細] filerectbox01.tex 400件 [詳細] fileex12b.png 167件 [詳細] fileex12a.png 172件 [詳細] fileex12.tex 384件 [詳細] fileex11b.png 163件 [詳細] fileex11a.png 134件 [詳細] fileex11.tex 376件 [詳細] fileLonly01b.png 127件 [詳細] fileLonly01a.png 119件 [詳細] fileLonly01.tex 300件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-08-11 (木) 09:07:34 (2624d)