ceo-LO
varceo-LO

emath.sty のロードオプションです。
ceo.sty を用います。
 

定義されているスタイルファイル

emath.sty

書式

\usepackage[ceo]{emath}

  • [varceo] とした場合は,x と y はクロスの字形となります。

基本例

\usepackage[ceo]{emath} とした場合,すべてのフォントは ceo のものに切り替わります。
下の例では,ローマ数字,丸付き数字も ceo のものです。
ceo-LO01.png

解説

ceo.sty と emath パッケージでは,いくつかのコマンドが衝突します。
emath の立場から,これを調整します。
衝突したコマンドは,原則として emath のものを有効とします。
ただし,\maru, \nagamaru は ceo.sty のものを用います。

x, y の字形

x, y の数式フォントは2種類が用意されています。

ロードオプション [ceo] の場合

ceo-xy01.png

ロードオプション [varceo] の場合

ceo-xy02.png

関連事項

注意事項

  • emath.sty から amssymb.sty を読み込んでいますが,
      [ceo]
    オプションを付した場合は,amssymb.sty を読み込みません。
    必要ならば
      \usepackage{amsfonts}
    あるいは
      \usepackage{amssymb}

      \usepackage[ceo]{emath}
    より前に宣言しておきます。
    • 一例です:
      amsfonts01.png
      3264

添付ファイル: fileceo-xy02.png 162件 [詳細] fileceo-xy01.png 155件 [詳細] fileamsfonts01.png 163件 [詳細] fileceo-LO01p.tex 520件 [詳細] fileceo-LO01.png 309件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-27 (木) 19:48:53 (1820d)