EMminipages環境

複数のミニページを横に並べます。
 

定義されているスタイルファイル

EMminipages.sty

書式

\begin{EMminipages}<#1>#2
  .....
\end{EMminipages}
columnseprule
ミニページ間を縦罫線で区切ります。
minipagepos
minipage環境の配置オプション(デフォルトは t)
tate
横に並べるミニページの縦長を指定します。
\EMminipagesbreak

基本例

複数のミニページを横に並べます。
それらの横幅を,コンマ区切りで #2 に列記します。
それらの合計は \linewidth よりも小さくしておかねばなりません。
ミニページの間は \hfill が補われ,横幅いっぱいに均等配置されます。
環境内には,各ミニページの内容を記述しますが,
ミニページの境目には
  \EMminipagesbreak コマンド
を配置します。
EMminipages01.png

ミニページ間に縦罫線

ミニページ間を縦罫線で仕切るには
  \columnseprule=0.4pt
などとするのは,二段組の場合と同様です。
columnseprule01.png

ミニページ間に縦罫線(局所的)

上の例で行った処理:
  \columnseprule=0.4pt
は,当該グルーピング内すべての EMminipages環境に働きますが,
特定の EMminipages環境に限定したいときは
  <columnseprule=..> オプション
を用います。 
右辺値は単位を伴う長さで,通常は 0.4pt でしょう。
columnseprule02.png

横幅の * 指定

複数のミニページを並べる際,すべての横幅を指定する必要はありません。
* と指定したミニページについては,残りの幅から自動的に決まります。
下の例では,3つのミニページについて,
第2,3を指定して,第1は * と指定しています。
EMminipages02.png

縦の長さ指定

ミニページの縦の長さを指定するオプションが
  <tate=..>
です。右辺値は単位を伴う長さです。
その効用の一つに,ミニページ内で \vfill を使うことが出来ます。
tate01a.png

ミニページの配置

デフォルト (<minipagepos=t>)

minipage を横に並べるときの揃え基準は,デフォルトでは
  \beging{minipage}[t].....
すなわち,先頭行揃えです。
minipagepos01.png

下揃え

下揃えとするには
  <minipagepos=b> オプション
を付加します。
minipagepos02.png

中央揃え

中央揃えとするオプションが
  <minipagepos=c>
です。
minipagepos03.png

調整(1) \includegraphics による画像取り込み

下の例を見て
  デフォルトでは頭揃えになる
といったのに,嘘つきめといわれそうです。
soroe01.png

調整(2) (ps)zahyou(*)環境

左:テキスト
右:(ps)zahyou(*)環境
の場合も同様です。
soroe11.png

応用例1(画像を縦横に配置)

EMminipages11.png
file上のソースリスト

応用例2(左:問題,右:解答欄)

左ミニページに問題文,
右ミニページに解答欄
を並べる例です。
EMminipages23.png
file上のソースリスト

注意事項

関連事項

3584

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS