\Takakkei

多角形を描画します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\Takakkei<#1>#2

sensyu
線種を変更します。
linethickness
線分の太さを変更します。
iro
辺に色をつけます。
oval
頂点のコーナーを丸くします。

以下,emathPs.sty で定義されている pszahyou(*)環境特有のオプションです。

dash
pszahyou(*)環境における線種を変更します。
linejoin
コーナー補正

基本例

点列を結ぶ多角形を描画します。
Takakkei01.png

線種変更 <sensyu=..>

線種を変更するには,<sensyu=..> オプションを使用します。
sensyu01.png

線幅変更 <linethickness=..>

辺の太さを変更します。
linethickness01.png
頂点におけるつながり具合が問題ですね。楔型の欠けができます。
pszahyou環境で PostScript を用いると,綺麗になります。
linethickness02.png

カラー  <iro=..>

辺に色をつけます。
iro01.png

丸コーナー<oval=..>

頂点の角を丸くします。
頂点の角を円弧にしますが,その半径を oval=.. の右辺値に指定します。
右辺値は単位を伴う長さですが,無名数の場合は \unitlength が単位であるとみなされます。
oval01.png

--- 以下,pszahyou環境特有の話題です。---

線種変更(pszahyou(*)環境) <dash=..>

辺を破線で描画するには,<dash=..> オプションを用います。
右辺には,
  描画部分の長さ,描画しない部分の長さ
の繰り返しとなる偶数個の数値(無名数)を与えます。
dash01.png

接続修正(pszahyou(*)環境) <linejoin=..>

頂点における接続状態は
線分を重ねただけではV字型のクサビが出来てしまいます。
PostScript には,これを修正する方法が3通り用意されています。
それを切り替えるオプションが <linejoin=..> です。右辺値は
  0 : マイター接続(デフォルト)
  1 : ラウンド接続
  2 : ベベル接続
のいずれかです。
まずは,zahyou環境の状態からみていきます。
\Takakkei は,多角形を描画するとはいえ,
個々の辺を重ねて配置するだけです。
線分が太くなると,V字型の切り欠きが目立ってきます。

なお,この項は図を拡大したくなりますので filePDFファイルを用意しました。

linejoin01.png
pszahyou環境でも,個々の線分を描画したものを連ねた場合は,上と同様です。
linejoin02.png
しかし,\Takakkeiの引数に点列を与えて折れ線を描画させると,
折れ点で「マイター接続」と称される補正が行われます。
すなわち,線分AB, BCの外側のエッジを延長し,交わらせます。
上の図と下の図では,`B'の位置は同じです。
下の図では,折れ線が`B'の位置近くまで延長されていることがお分かりでしょうか。
linejoin03.png
マイター接続では,本来の点B--赤線の交点--と折れ線の頂点がだいぶずれてしまいます。
折れ点の接続表現法には「マイター接続」以外も用意されています。
その一つが「ラウンド接続」です。
線幅と等しい直径を持つ円弧を折れ点を中心として描画します。
linejoin04.png
もう一つが「ベベル接続」と呼ばれるもので,
単に線分を重ねて出来るV字型の切込みを塗りつぶします。
linejoin05.png

注意事項

関連事項

\Drawline

4152

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS