\rndQf

整数係数二次式の係数を乱数で定めます。
 

定義されているスタイルファイル

emathQf.sty

書式

\rndQf[#1]#2
kaitype
二次式=0 とした二次方程式の解についての条件をつけます。
kaitype=seisuu
整数解を指定します。
kaitype=yuurisuu
有理数解を指定します。
kaitype=zissuu
実数解を指定します。
kaitype=kyosuu
虚数解を指定します。

基本例

二次式の係数を乱数で定めます。
\ransuuretu(*)などで,乱数を発生させておくことが前提です。
rndQf01.png

解についての条件指定

\rndQf に <kaitype=..> オプションをつけることで,
生成される二次式を0と置いた二次方程式の解について
  整数解,有理数解,実数解,虚数解
となる条件を附加します。

整数解

rndQf02.png

有理数解

rndQf03.png

実数解

rndQf04.png

虚数解

rndQf05.png

二方程式の問題

\rndQf を使用する一例として,二次方程式の問題を乱数で作成してみました。
  (1)は整数解
  (2)は有理数解
  (3)は実数解
  (4)は虚数解
という条件をつけています。
(5)〜(8)はノンセクションです。
rndQf11.png

二次不等式の問題

二次不等式です。
不等号の向きも乱数で指定しています。
rndQf12.png

注意事項

  1. その1

関連事項

  1. rndLf
    1728

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS