*\kuromaru [#z7db85c5]
 平面上で,複数の点に黒丸を打ちます。
 一方 \Kuromaru コマンドは,1個の点だけが対象です。
**定義されているスタイルファイル [#me452caa]
emathPh.sty
**書式 [#kccf37f3]
\kuromaru[#1]#2
- #1 : オプション引数で黒丸の半径を(単位付で)与えます。デフォルトは 1pt
- #2 : 黒丸を打つべき複数の点を `;' で区切って並べます。
**例 [#jd13ea4a]
+\kuromaru{\A;\B;\C}
 3点 AB に黒丸を打ちます。
#ref(kuromaru2.png)
+ \kuromaru[2pt]{\A;\B;\C}
 例1における黒丸の半径を 2pt と大きくします。
#ref(kuromaru2.png)
**関連事項 [#cfd2b058]
++[[\Kuromaru]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS