&size(24){''ベン図(Venn Diagram)''};
-emath でベン図を描画する例は
#ref(http://emath.s40.xrea.com/x/tex.htm,,使用例の4.雑(2)ベン図)
にありますが,
ここでは,PostScript 特有の機能を用いた例を置いてみます。
#contents
#br

*例 [#e4818e55]
**和集合 [#c3c3ddb9]
 2つの集合A, Bの和集合を図示します。
#ref(AcupB01.png)
CENTER:&ref(AcupB01.pdf,,上のPDF);
CENTER:&ref(AcupB01p.tex,,上のソースリスト);
+EMpscontinue環境内では,\Enko は円弧を描画せず,カレントパスに円弧を追加するだけです。~
ここでは,2つの円弧A, B(いずれも優弧)をつないで塗りつぶしの境界を作ります。~
くどいですが,この時点では何も描画されていません。
+\psfill で,カレントパスに囲まれた領域内が塗りつぶされます。~
ここでは \begin{EMpscolor}{pink}内ですから,pink で塗りつぶされます。
+続いて,\psstroke でカレントパスが描画されます。~
\psstroke は pink の色指定の外ですから,デフォルト(黒)で描画されます。

 次は斜線塗りです。
#ref(AcupB01s.png)
CENTER:&ref(AcupB01s.pdf,,上のPDF);
CENTER:&ref(AcupB01sp.tex,,上のソースリスト);
+\psclip で,クリッピング領域を設定し
+\Nuritubusi*{\LT\LB\RB\RT}で,全平面を斜線塗りしています。
+\gsave と \grestore で囲み,クリップを局所化して,他の部分に影響を与えないようにしています。
*注意事項 [#mc845a55]
*関連事項 [#xe0aa641]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS