&size(24){''ローマ数字''};

 LaTeX で,ローマ数字をどのように表すか,ということについての説明です。

#contents
#br

*機種依存文字 [#aadd7c80]
 Windows の機種依存文字を使ってはいけません。
 dviout.exe では見えていますが,pdf にした途端,消えてしまって大騒ぎ.....
 という事態が多くの掲示板に見られます。
 また,Windows 以外の OS では文字化けします。
 (下では,画像にしていますから OS は無関係です)
#ref(kisyuizon.png,wrap)
 では,どうするのかといいますと,アルファベット (I, V, X, .....) を並べて表すのが基本です。
#ref(Roman00.png,wrap)

*例 [#e43153ef]
 以下,ローマ数字を enumerate環境の番号付けに用いる方法をいくつかご覧いただきます.
**基本例 [#rf8713dd]
#ref(Roman01.png)
-番号が左にせり出してきて,かっこ悪い,というクレームがつきそうです。~
\fbox で四角囲みをつけるとなおさらですね。~
以下,その対策をいくつかみていきます。
#ref(Roman02.png)
**utf(otf) パッケージ [#u3d18468]
 otf の方が機能が豊富ですが,emath の使用目的からすれば utf で十分でしょう。
***utf パッケージ [#ya415a60]
 utf (otf)パッケージを利用するのが一つの解決法です。
#ref(utf01.png)
CENTER:&ref(utf01p.tex,,上のソースリスト);
-上のソースリストは~
  \usepackage{emathUtf}~
を前提にしています。単に~
  \usepackage{utf}~
では,~
  \ajRoman{\ref{....~
が通りません。emathUtf.sty では,上記参照ができるように修正をしています。
***四角囲み [#pea7a70c]
 \fbox で四角囲みをつけてみましょう。
#ref(utf02.png)
***括弧括り [#mbf4d887]
 括弧括りです。
#ref(utf03.png)
 括弧記号まで含めて全角1文字幅というフォントが utf パッケージには用意されています。
#ref(utf04.png)
-dviout.exe では,この記号を見ることは出来ません。(vista でどうかは未確認です)
-dviout.exe では,この記号を見ることは出来ません。(vista でもこの記号を見ることは出来ません)
-utf(otf)パッケージに用意されているローマ数字は 1〜15 です。
**emath では [#d33beac9]
 utf では 15 までしか用意されていません。
 15を超えるローマ数字を必要とすることは殆どないでしょうか。
 また,utf は環境依存ということもありますので,
 emath でも対応を考えてみました。
***\emRomannum [#z4c6b712]
 \emRomannum はローマ数字を III の横幅を基準にセンタリングしています。
#ref(emRoman01.png)
***横幅の基準変更オプション [#g22752b3]
 数が大きくなると,横幅の基準が III では不十分です。
#ref(emRoman03.png)
 必要に応じて \emRomannum に (..) オプションを附加して,基準文字を変更します。
 下は \emRomannum(VIII) としています。
#ref(emRoman04.png)
***全角1文字幅に圧縮 [#xe67e3be]
 ローマ数字を全角1文字幅に圧縮するコマンドが \emRomannum* です。
#ref(emRoman05.png)
-このコマンドは,内部で \resizebox を用いていますから,graphicx.sty を必要とします。
-このコマンドは,emathE.sty v 0.98 (2007/09/06) で導入されました。
*注意事項 [#se4f46d3]
*関連事項 [#e83f72c0]
-emath講座にも同様の話を展開しています。~
そちらでは,enumerate のオプション引数でフォーマットを指定していますが,~
こちらでは,\labelenumi の再定義を紹介しています。
-[[小文字の場合>ローマ数字(小文字)]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS