数式番号にまつわる話題を集めたページです。

#contents
#br

*数式番号のフォーマット [#v4c1b0cb]
**LaTeX 標準 [#p193eb34]
 LaTeX のデフォルトにおける数式番号は
   (1), (2), (3), .....
 と振られていきます。
#ref(LaTeX01.png)
**emath 標準 [#a4988eb2]
 emath パッケージでは,丸付き数字にリーダを前置します。
#ref(emath01.png)
**LaTeX 標準に戻す [#q24ca7ae]
 emath パッケージを使用して,数式番号を LaTeX標準に戻すには
   \resettagform
 というコマンドを発行します。
#ref(resettagform01.png)
**リーダ長の変更 [#xda65c60]
 emath パッケージでは,丸付き数字にリーダを前置しますが,
 長い数式にはリーダがかぶることがあります。
#ref(preEqlabel01.png)
-リーダ長を変更するには~
  \preEqlabel コマンド~
を用います。
#ref(preEqlabel02.png)
-デフォルトは~
  \preEqlabel*{\cdotpfill[8em]~}~
が実行されています。
-極端な話~
  \preEqlabel{}~
とすれば,リーダはつきません。
#ref(preEqlabel03.png)
**数式番号にダッシュを付加 [#b39e8b82]
-[[\dashtag, \dashref>dashtag]]
**フォーマット定義 [#f37731f0]
-[[\tagform>tagform]]
*数式番号の配置 [#v9b02246]
**数式番号を少し内側に [#k851980d]
 数式番号は,版面端に出力されます。
 右端ではなく,少し内側に出力したいときは
   \postEqlabel{...}
 コマンドで,数式番号の後ろに空白を出力します。
#ref(postEq01.png)
**数式番号の左配置 [#o118769c]
-[[EMleqno環境]]
 LaTeX では,数式番号を左に出力する [leqno] オプションがあります。
#ref(leqno01.png)
-emath では,局部的に数式番号を左に出力するための[[EMleqno環境]]もあります。
*相互参照 [#bb8a685c]
-数式番号に対する相互参照については,[[相互参照のページ>相互参照]] をご覧ください。
*関連事項 [#u929d210]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS