増減表

増減表の作表例をいくつか集めたページです。

基本例

増減表を作るには,array環境を用いるのが良いでしょう。
  増加を示す矢印は \nearrow
  減少を示す矢印は \searrow
が LaTeX に用意されています。
zougen01.png
file上のソースリスト

矢印の形状

\NE, \SE

鏃を zahyou環境で用いるものと揃えるには
  \nearrow, \searrow
に代えて
  \NE, \SE
を用います。このマクロは emathT.sty で定義されています。
NE01.png
file上のソースリスト

窪み

鏃に窪みをつけるには,\ArrowHeadPit を再定義します。
NE02.png
file上のソースリスト

凹凸

LaTeX で凹凸を表す記号は,
  \frown, \smile
でしょうか。
outotu01.png
集合の記号を使うのもありでしょうか。
outotu02.png

凹凸と増減

凹凸と増減を同時に表現する記号
  \NEE, \NEN, \SEE, \SES
が emathT.sty に定義されています。
outotu11.png
矢印の先端あたりが気になるという場合は,emathPs.sty で定義されている
  \psNEE, \psNEN, \psSEE, \psSES
を使うのもよいでしょう。
outotu12.png

行高

表に分数などが登場すると,天地が詰まった感じになります。
gyoudaka01.png
このような場合は,当該行に支柱を立てます。
gyoudaka02.png

y の欄(部分的に2行)

3行目(y の欄)関数値を記入する際,極大・極小の別も書きたいときは
その部分を array環境にするのが一法です。

#ref(): File not found: "yran01.png" at page "増減表"


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS