&size(24){''増減表''};
 増減表の作表例をいくつか集めたページです。
#contents

*基本例 [#z9d9a872]
 増減表を作るには,array環境を用いるのが良いでしょう。
   増加を示す矢印は \nearrow
   減少を示す矢印は \searrow
 が LaTeX に用意されています。
#ref(zougen01.png)
#ref(zougen01p.tex,center,上のソースリスト)
-上の例では,emath は使っていません。
-以下,これを出発点として,デフォルメをいくつか考えていきます。
*矢印の形状 [#o1ce42d5]
**\NE, \SE [#m7c05448]
 鏃を zahyou環境で用いるものと揃えるには
   \nearrow, \searrow
 に代えて
   \NE, \SE
 を用います。このマクロは emathT.sty で定義されています。
#ref(NE01.png)
#ref(NE01p.tex,center,上のソースリスト)
**窪み [#z01e8d96]
 鏃に窪みをつけるには,\ArrowHeadPit を再定義します。
#ref(NE02.png)
#ref(NE02p.tex,center,上のソースリスト)
-上の図(png)では,窪みがはっきりしないかもしれません。
&ref(NE02p.pdf,,PDFファイル);をご覧ください。
*凹凸 [#outotu]
 LaTeX で凹凸を表す記号は,
   \frown, \smile
 でしょうか。
#ref(outotu01.png)
 集合の記号を使うのもありでしょうか。
#ref(outotu02.png)
*凹凸と増減 [#i9c84b57]
 凹凸と増減を同時に表現する記号
   \NEE, \NEN, \SEE, \SES
 が emathT.sty に定義されています。
#ref(outotu11.png)
 矢印の先端あたりが気になるという場合は,emathPs.sty で定義されている
   \psNEE, \psNEN, \psSEE, \psSES
 を使うのもよいでしょう。
#ref(outotu12.png)
*行高 [#l1d1af57]
 表に分数などが登場すると,天地が詰まった感じになります。
#ref(gyoudaka01.png)
 このような場合は,当該行に支柱を立てます。
#ref(gyoudaka02.png)
-すべての行の高さを揃えるには,array環境の引数に支柱を仕込んでしまうのがよいでしょう。
#ref(gyoudaka03.png)
-分数よりも複雑で,高さ深さの大きいものが登場した場合の支柱は \EMvphantom* が便利でしょう。
#ref(gyoudaka04.png)
*y の欄(部分的に2行) [#pdfe24d1]
 3行目(y の欄)関数値を記入する際,極大・極小の別も書きたいときは
 その部分を array環境にするのが一法です。
#ref(yran01.png)
-「関数値」と「極大/極小」の縦間隔を狭めたければ \\ に,オプション [-2pt] などを付加します。
#ref(yran02.png)
#ref(yran02p.tex,center,上のソースリスト)
*列幅均一 [#qfe73350]
 array環境では,列幅はその中に入るものによって変わってきます。
#ref(width01.png)
-これを,均一化するには,列指定子に C などで列幅を指定します。
#ref(width02.png)
-上では,列幅を 2zw とテキトーに指定していますが,~
最長の文字列の長さを計測するとすれば
#ref(width03.png)
//|||CENTER:|c
//|2008 京都大学| &ref(0048200808.tex);| &ref(0048200808p.png);|
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS