平面において,二直線の交点を求めるコマンドの目次です。

 \○and△
 の形式で,○と△は
   L: 2点を指定
   l: 1点と方向ベクトルを指定
   g: 1点と傾きを指定
   k: 1点と方向角を指定
   n: 1点と法線ベクトルを指定
     ng: 1点と法線の傾きを指定
 のいずれかです。

+[[\LandL>LandL]]
+[[\Landg>Landg]]
+[[\Landk>Landk]]
+[[\Landl>Landl]]
+[[\Landn>Landn]]
+[[\Landng>Landng]]
+[[\landl>landl]]
+[[\gandg>gandg]]
+[[\gandk>gandk]]
+[[\kandk>kandk]]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS