描画範囲

picture環境などで設定した描画範囲と,
描画される図形との関係についての話です。
別の角度でいえば,描画される図形は,
  設定された描画範囲外はクリップされるか,
はたまた
  はみ出してしまうか。
 

LaTeX のpicture環境

 まずは順序として,LaTeX の picture環境の場合から見ていきます。
  \begin{picture}(100,100)
として,縦横 100pt の正方形(下の図参照)を描画領域として設定しました。
 下の図では,それが3行目に入りますから,その行は高さが高くなり,
   あああ と いいい
の間に図が挿入されることになります。
 ところが,picture環境内に記述される図はこの範囲を平気で(?)はみ出します。
すなわち
  picture環境内に描画されるものはクリッピングされない
が LaTeX の仕様です。
この例では,emath はおろか,いかなるスタイルファイルも読み込まれない
  素の LaTeX
であることにご留意願います。
picture01.png

emath のzahyou(*)環境

 続いて,emathPh.sty で定義されている zahyou(*)環境の場合です。
zahyou(*)環境は,picture環境を少し発展させたもので,その仕様を引き継いでいます。
すなわち,
  zahyou(*)環境内に描画されるものはクリッピングされない
ということになります。
  \Put{(120,120)}{範囲外}
として配置された文字列「範囲外」は「あああああ」と重なって,識別定かならずです。
zahyou01.png

emathPs のpszahyou(*)環境

emathPs.sty で定義されている pszahyou(*)環境になると,状況は一変します。
pszahyou01.png

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS