*\Taisyouten [#m6591798]
 平面上で任意の点と(2定点を通る)直線に関する対称点を与えます。
 直線が定点と傾き、または定点と方向角で与えられているときはそれぞれ \mTaisyouten, \kTaisyouten を用います。
**定義されているスタイルファイル [#x15b5bb4]
emathPh.sty
**書式 [#d6c0c1ca]
\Taisyouten#1#2#3[#4]#5
- #1     : 点
- #2, #3 : 直線が通過する2つの点
- #4     : 対称の中心となる点
- #5     : 求める対称点
**例 [#uea9691a]
+ \Taisyouten\P\A\B\Q
 直線 AB について 点 P と対称な点 Q を求めます。
-落書き帳です。
ご自由にご利用ください。
-上のメニュー「編集」をクリックすれば編集画面が現れます。
-編集画面の下「テキスト整形のルールを表示する」をクリックすると,
強調表示・リスト作成などの方法がわかります。
-編集画面の下の「プレビュー」をクリックすると,編集結果を見ることが出来ます。
-「キャンセル」をクリックすれば,編集はすべて無効となります。
-「ページの更新」をクリックすると,編集結果がこのページに反映されます。

RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS