&size(24){''\Argvec''};
 平面ベクトルの方向角を求めます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#hc6404c9]
emathPh.sty
emathC.sty

*書式 [#vdb5f0d5]
\Argvec<#1>#2#3
-#1: オプション引数で,<perl>を指定したときは,perl との連携機能を用います。
-#2: ベクトル
-#3: ベクトル#2 の方向角(60分法で,-180<#3≦180)を格納する制御綴
-#3: ベクトル#2 の方向角(度数法で,-180<#3≦180)を格納する制御綴
 ベクトルの方向角を求めます。

*例 [#xcd80c0a]
**基本例 [#gb2a8a00]
#ref(Argvec1.png)
**<perl> オプション [#w8b8bdf5]
 perl との連携機能を必要とします。
 emathPp.sty をロードしておかねばなりません。
#ref(Argvec2.png)
*関連事項 [#h8b88e15]
+[[\Absvec>Absvec]]
-[[数値計算]]
--[[ベクトルの計算(平面)>数値計算#vector]]
---[[\Absvec>Absvec]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS