&size(24){''\EMbane''};
 ばね(バネ,発条,spring)を描画します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#wa101a1b]
emathPp.sty

*書式 [#r392d41e]
\EMbane<#1>#2#3#4#5
-#1: [[膨らみ係数 >#hukurami]]
-#2: 始点
-#3: 終点
-#4: [[半径 >#hankei]]
-#5: [[巻き数 >#makisuu]]
//#1 における有効な key は
//:[[key>#b0f99f52]]| 機能

*例 [#qdeae130]
**基本例 [#f3dfd0db]
 始点,終点,半径,巻き数の4つの引数を指定して,ばねを描画します。
#ref(EMbane01.png)
**半径 [#hankei]
 ばねの半径 --- ばねを「動く楕円」で表すときの長半径 --- を指定することが出来ます。
 上の例の半分にしてみましょう。
#ref(EMbane02.png)
**巻き数 [#makisuu]
 ばねの巻き数を変更してみましょう。上の例の2倍にします。
#ref(EMbane03.png)
**膨らみ係数 [#hukurami]
 2つ上の例「半径」では,ばねが伸びきった状態になっています。
 膨らみ係数(「動く楕円の」短半径の長半径に対する比率)を5割増にしてみましょう。
 (デフォルト値は 0.4 です)
#ref(EMbane04.png)
**雑例 [#i7a69aec]
 \EMbane は,pszahyou(*)環境でも使用できます。
 その例を幾つか並べます。
#ref(EMbane1.png)
CENTER:&ref(EMbane1.tex,,上のソースリスト);

#ref(EMbane2.png)
CENTER:&ref(EMbane2.tex,,上のソースリスト);

//*注意事項 [#b47516a1]
*注意事項 [#b47516a1]
//+ その1
//*関連事項 [#ia6e6902]
//+[[template]]
*関連事項 [#ia6e6902]
+[[物理]]
RIGHT:&counter;



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS