&size(24){''\EMpsovalbox''};
 eps画像を用いて文字列を枠線で囲みます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#k3ed0002]
emathPs.sty

*書式 [#ef5a674c]
\EMpsovalbox<#1>#2
-#1: key=val 形式をコンマ区切りで並べます。~
有効な key は
:[[linewidth>#linewidth]]| 枠線の太さを変更します。
:[[dash>#dash]]| 枠線の形状を破線に変更します。
:[[ovalsep>#ovalsep]]| 枠線と文字列の間隔を変更します。
:[[ovalradius>#ovalradius]]| コーナーの四分円の半径を変更します。
:[[iro>#iro]]| 枠線の色を変更します。
-#2: 枠線で囲む文字列。

\EMpsovalbox*[#1]<#2>#3
-#1: [[0〜1 の間の数値でグレーの濃度を指定>#noudo]] (0 で白,1 で黒)~
または,[[nuriiro=..>#nuriiro]] で背景色を指定
-#2: \EMpsovalbox の <#1> と同じ
-#3: 枠線で囲む無文字列
-#3: 枠線で囲む文字列

*例 [#aefe048f]
**基本例 \EMpsovalbox [#m2371229]
 文字列を枠線で囲みます。
#ref(psovalbox-ex1.png);
**&aname(linewidth){枠線の太さの変更}; [#j82b4633]
 枠線の太さを変更します。
 右辺値は,\unitlength=1ptとする相対値,または単位付き数値です。
#ref(psovalbox-ex2.png);
**&aname(dash){枠線の形状を変更}; [#i821a911]
 枠線の形状を変更します。
dash={実線部分の長さ,ギャップの長さ} と指定する。
「実線部分の長さ,ギャップの長さ」を繰り返して指定することもできる。
#ref(psovalbox-ex3.png);
**&aname(ovalsep){枠線と文字列の間隔の変更}; [#f6d40bc0]
 枠線と文字列の間隔を変更します。
#ref(psovalbox-ex4.png);
**&aname(ovalradius){コーナーの半径の変更}; [#z574dd7a]
 コーナーの四分円の半径を変更します。
 デフォルトのサイズは 2pt。
#ref(psovalbox-ex5.png);
**&aname(iro){枠線の色の変更}; [#t0cfe3ce]
 枠線の色を変更します。
#ref(psovalbox-ex6.png);
**基本例 \EMpsovalbox* [#qbd37367]
 文字列の背景を塗りつぶします。
#ref(psovalbox-ex7.png);
**&aname(noudo){濃度指定}; [#l36b4ebc]
 グレーで塗りつぶす背景の濃度を指定します。
#ref(psovalbox-ex8.png);
**&aname(nuriiro){背景色の変更}; [#mfc97799]
 文字列の背景の色を指定する。
#ref(psovalbox-ex9.png);

*注意事項 [#ic661b3f]
+ その1~
\psovalbox,\psovalbox* はそれぞれ \EMpsovalbox,\EMpsovalbox* の別名です。
(pstrick.sty にも \psovalbox が定義されているので注意)
*関連事項 [#uc7129f3]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS