&size(24){''\EMvphantom''};
&size(24){''\EMvphantom''};~
&size(24){''\EMvphantom*''};

emath講座のページ~
  http://emath.s40.xrea.com/x/kouza/Reference/EMvphantom.htm~
をご覧ください。
 \vphantom による作られる支柱の
   高さ・深さ
 を増減します。

併せて,sample.tex (sample.pdf)~
  8 その他一般~
    8.9 支柱~
にも解説があります。
#contents
#br

*関連事項 [#cc7b3805]
-\EMvphantom の引数に \Hako が入ると,~
  ハコのカウンタが進んでしまう,~
というバグがあります。(emath.sty v 1.82 以前)~
このバグは~
  emath.sty v 1.83 2007/06/27~
で修正されています。
#ref(EMvphantom91.png)
*定義されているスタイルファイル [#lfd888d4]
emath.sty

*書式 [#y7fa1cbe]
 \EMvphantom[#1][#2]#3
   #3 の高さに #1 を付加した高さと
   #3 の深さに #2 を付加した深さ
 を持つ支柱をたてます。
-#1: #3の高さに増減する値(単位付きの数値) デフォルト値=0pt
-#2: #3の深さに増減する値(単位付きの数値) デフォルト値=#1
-#3: 支柱の基準となる文字列

 \EMvphantom*[#1][#2]#3
   支柱を立てるだけではなく,#3 のタイプセットを実行し,表示します。

*例 [#a23f583b]
**基本例 [#jc7222b5]
 表の要素に分数など基準の高さを超えるものが登場すると,その天地が窮屈になります。
#ref(EMvphantom01.png)
 当該セルに配置される要素の高さ・深さを 3pt 増やした支柱を立てます。
#ref(EMvphantom02.png)

**\EMvphantom* [#zb2110df]
 上の例では,1/(√2) を二度記述しています。
 アスタリスク付きコマンド \EMvphantom* を用いると,一回の記述だけで済ますことができます。
#ref(EMvphantom04.png)
-天地とも 3pt 増やす例でしたが,天と地の増やす値を変えることも可能です。
#ref(EMvphantom03.png)

//*補足 [#r0a8c489]
//**\EMvphantom* [#l41120d1]
// アスタリスク付きの 
//   \EMvphantom*[#1][#2]#3
// は,支柱を立てるだけではなく, #3 のタイプセットを実行します。
//
//*関連事項 [#cc7b3805]
//-\EMvphantom の引数に \Hako が入ると,~
//  ハコのカウンタが進んでしまう,~
//というバグがあります。(emath.sty v 1.82 以前)~
//このバグは~
//  emath.sty v 1.83 2007/06/27~
//で修正されています。それより前の版では
//#ref(EMvphantom91.png)
//のように,ハコの番号が飛んでしまいます。修正版では下のように飛ぶことはありません。
//#ref(EMvphantom92.png)
*関連事項 [#i51bd2ff]
+[[\bsityuu>bsityuu]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS