&size(24){''\Enko''};
 円弧を描画します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#m10d76aa]
emathPh.sty~
(pszahyou(*)環境については,emathPs.sty)

*書式 [#cfa7da09]
\Enko<#1>#2#3#4#5
-#1: key=val 形式をコンマ区切りで並べます。 
-#2: 中心
-#3: 半径を直接与えるか~
[[tuukaten=xx>#n3eb65ef]] として,円弧の周上の一点を与えます。
-#4: 始め角を直接与えるか~
[[hazimeten=xx>#ae6db2b3]] として,中心を始点,xx を終点とするベクトルの
方向角を 始め角とするように指定します。
-#5: 終り角を直接与えるか~
[[owariten=xx>#ae6db2b3]] として,中心を始点,xx を終点とするベクトルの
方向角を 終り角とするように指定します。
-#1 における有効な key は
:[[allinethickness>#a8cebe21]]| 円弧の太さ変更
:[[arrowheadsize>#t08ef168]]| 円弧に付与する鏃のサイズ変更
:[[hamidasikaku>#hamidasikaku]]| 円弧を延長
:[[hasen>#n528de34]]| 円弧を破線で描画
:[[iro>#iro]]|円弧に色を付与
:[[ten>#f5b2af9c]]| 円弧を点列で表示
:[[yazirusi>#n19c3278]]| 円弧に矢印
>>yazirusi=a : 正の向きに矢印~
yazirusi=r : 負の向きに矢印~
yazirusi=b : 両向きに矢印~
yazirusi=n : 矢印をつけない(デフォルト)


以下,emathPs.sty で定義されている
pszahyou(*)環境特有のオプションです。

:[[arcn>#arcn]]| 描画方向
:[[arrowsize>#qa2f28c0]]| 円弧に付与する鏃のサイズ変更
:[[dash>#ceae2915]]|円弧を破線で描画
:[[linewidth>#qcd93bc8]]|円弧の太さ変更

*例 [#jc7502a1]
**基本例 [#ea8f566c]
 中心,半径,開始角,終了角
 を与えて円弧を描画します。
#ref(Enko01.png)
**円弧の太さ変更 [#a8cebe21]
 円弧の太さを変更するには <allinethickness=..> オプションを用います。
 右辺値は単位を伴う長さです。
 このオプションは,pszahyou環境では使用できません。
 (代えて,<linewidth=..> オプションを用います)
#ref(allinethickness.png)
**円弧に色 [#iro]
 円弧に色をつけるには
   <iro=..>
 オプションを用います。
#ref(iro1.png)
 pszahyou(*)環境でも同様です。
#ref(iro2.png)
**円弧を破線で [#n528de34]
 円弧を破線で描画するには
   <hasen=..>
 オプションを用います。
 右辺値は,
   [描画する部分の長さ][ギャップの長さ]
 で,いずれも \unitlength を単位とする無名数です。
#ref(hasen.png)
**円弧を点列で [#f5b2af9c]
 円弧上に点列を等間隔に並べて表示するには
   <ten=..>
 オプションを用います。
 右辺値は,点の個数です。
#ref(ten.png)
**半径の間接指定 [#n3eb65ef]
 半径の値を指定する代わりに,円周上の1点を指定することも出来ます。
#ref(tuukaten.png)
**開始角,終了角の間接指定 [#ae6db2b3]
 角を指定する代わりに,
 点を指定して,中心から指定した点に向かうベクトルの方向角で
 間接指定することも出来ます。
#ref(hazimeten.png)
**円弧を延長 [#hamidasikaku]
 円弧を少しはみ出せたい,というときに使用するオプションが
   <hamidasikaku=..>
 で,はみ出させる部分の中心角(六十分法)です。
#ref(hamidasikaku1.png)
 このオプションの応用例として
 角の二等分線の作図法の説明図をごらんください。
#ref(hamidasikaku2.png)
**円弧に矢印 [#n19c3278]
 円弧に矢印をつけるには,
   <yazirusi=.>
 オプションを用います。
 右辺値が a のとき,正の向きに矢印がつきます。
#ref(yazirusi01.png)
 右辺値が r のとき,負の向きに矢印がつきます。
#ref(yazirusi02.png)
 右辺値が b のとき,両向きに矢印がつきます。
#ref(yazirusi03.png)
 <hasen=..> オプションとの併用も出来ます。
#ref(yazirusi04.png)
**鏃のサイズ変更 [#t08ef168]
 鏃のサイズを変更するオプションが
     <arrowheadsize=..>
 です。右辺値は,デフォルトサイズを 1 とする相対値(無名数)です。
#ref(arrowheadsize.png)
* --- 以下,pszahyou環境特有の例です。 [#j85454e8]
**円弧の描画方向 [#arcn]
 hazimeten=.., owariten=.. を指定して円弧を描画する場合,
 始点から終点まで,正の回転(時計の針と反対向き)で描画されます。
#ref(arcn01.png)
 <arcn> オプションを附加したときは,逆に負の回転(時計の針と同じ向き)で描画されます。
#ref(arcn02.png)
**円弧の太さ変更(pszahyou環境) [#qcd93bc8]
 pszahyou(*)環境では,円弧の太さが zahyou(*)環境より太くなります。
#ref(linewidth1.png)
 pszahyou(*)環境で,円弧の太さを変更するには
   <linewidth=..> オプション
 を用います。右辺値は,0.1pt を単位とする無名数です。
 下の例では,<linewidth=3> ですから,円弧の太さは
   3*0.1=0.3pt
 となり,zahyou(*)環境のデフォルト値に近くなります。
#ref(linewidth2.png)
 このオプションによる変更は局所的,すなわち当該 \Enko に対してのみ有効です。
 広範囲に変更したいときは,\setlinewidth コマンドを用います。
**円弧を破線で(pszahyou環境) [#ceae2915]
 pszahyou(*)環境で,円弧を破線で描画するには
   <dash=..>オプション
 を用います。右辺値は
   描画部分の長さ,描画しない部分の長さ
 の繰り返しとなる偶数個の数値(無名数)を与えます。
#ref(dash1.png)
 hasen= オプションも使用可能ではありますが.....
#ref(dash2.png)
**鏃のサイズ変更(pszahyou環境) [#qa2f28c0]
 円弧に矢印をつけると,鏃が貧弱に見えます。
 これは,デフォルトでは矢線の幹の太さを 0.3pt として鏃サイズが設定されているのに対し,
 ここでは幹(円弧)は 1pt で描画されているため,バランスが崩れていることによります。
#ref(arrowsize1.png)
 円弧を 0.3pt にするには,上で述べた <linewidth=3> オプションを用います。
#ref(arrowsize2.png)
 逆に鏃サイズを大きくするには
   <arrowsize=..> オプション
 を用います。右辺値は,\setarrowsize コマンド
   \setarrowsize<#1>#2#3#4
 の引数をそのまま記述します。
 ただし,#2 -- 幹の太さ -- は無効です。
 この場合,幹は円弧でその太さは <linewidth=..>オプションで変更します。
 このオプションは局所的で,当該 \Enko についてのみ有効です。
 広範囲に鏃サイズを変更するには,\setarrowsizeコマンドを用います。
#ref(arrowsize3.png)
*注意事項 [#jfecffc8]
*関連事項 [#o29f6bf9]
+[[ArrowArc]]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS