\EnkoToubun

円弧を n等分する分点を求めます。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\EnkoToubun<#1>#2#3#4#5#6#7

dousa
定義した点列を結ぶ折れ線に対する動作を指定します。右辺値は
D
\Drawline を呼び出し,折れ線を描画します。'D'に引き続き \Drawline のオプション引数を記述することも可能です。
T
\Takakkei を呼び出し,多角形を描画します。'T'に引き続き \Takakkei のオプション引数を記述することも可能です。
P
\emPaint を呼び出し,塗りつぶすします。'P'に引き続き \emPaint のオプション引数を記述することも可能です。
kuromaru
定義した点に黒丸を描画します。
nahuda
定義した点に名前を表示します。
oresen
定義した点列を結ぶ折れ線を取得します。右辺値は取得する制御綴名です。

基本例

第1象限の四分円を 4等分する分点(両端を含む)
  \Pi,\Pii,\Piii,Piv,Pv
を求めます。
EnkoToubun01.png

正多角形

分割対象の円弧が全円周の場合は,得られた点は正n角形の頂点となりますが,
この場合,終り角は + または - と与えます。
+ と与えた場合,得られる点列は円周上正の向きに並び,
- とした場合は,負の向きに並びます。
seitakakkei01.png
seitakakkei02.png

<dousa=..> オプション

\EnkoToubun コマンドは,点列を定義するだけです。
これに,<dousa=..> コマンドを付加すると,右辺値が
  D : 点列を結ぶ折れ線を描画 (\Drawline 呼び出し)
  T : 点列を結ぶ折れ線を閉じた多角形を描画 (\Takakkei 呼び出し)
  P : 点列を結ぶ折れ線を閉じた多角形内部の塗り (\emPaint 呼び出し)
さらに,D/T/P に引き続き,呼び出すコマンドに対するオプションを記述できます。

<dousa=D> オプション

<dousa=D> オプションを付した場合,定義した点列を結ぶ折れ線を描画します。
dousaD01.png

<dousa=T> オプション

dousa=D オプションでは,定義した点列の終点と始点は結ばれません。
dousaT00.png

<dousa=P> オプション

<dousa=P> オプションは,定義した点列を結ぶ閉多角形内部を塗りつぶします。
塗りつぶしは,\emPaint コマンドを呼び出すことで実行されます。
dousaP01.png

<nahuda> オプション

頂点に頂点名を表示するには,<nahuda> オプションを用います。
nahuda01.png

<kuromaru> オプション

ルーローの三角形

ルーロー(Reuleaux)の三角形を描いてみます。
Reuleaux03.png

ルーローのドリル

ルーローの多角形

ルーローの n角形(n は奇数)も同様に描画できます。
Reuleaux05.png

入試問題から

2009 山口大学file0063200904.tex0063200904fig.png

関連事項


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS