&size(24){''\Hantyokusen''};
 半直線を描画します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#u0efefc2]
emathPh.sty

*書式 [#q5e490d7]
 \Hantyokusen<#1>#2#3
-#1: key=val ([[\Drawline>Drawline]] に引き継がれる)
-#2: 端点
-#3: 半直線が通過する1点
--端点と通過点(1点)を指定して半直線を描画します。
--オプション引数 #1 は,そのまま \Drawline コマンドに引き渡されます。


 \mHantyokusen<#1>#2#3
-#1: key=val ([[\Drawline>Drawline]] に引き継がれる)
-#2: 端点
-#3: 半直線の方向ベクトル
--端点と方向ベクトルを指定して半直線を描画します。
--オプション引数 #1 は,そのまま \Drawline コマンドに引き渡されます。

 \kHantyokusen<#1>#2#3
-#1: key=val ([[\Drawline>Drawline]] に引き継がれる)
-#2: 端点
-#3: 半直線の方向角
--端点と方向角を指定して半直線を描画します。
--オプション引数 #1 は,そのまま \Drawline コマンドに引き渡されます。

 \HtyokuT
--\Hantyokusen, \mHantyokusen, \kHantyokusen で半直線を描画した後,~
描画領域から外れる位置を保存しています。


*例 [#g4b3843e]
**基本例 [#dce73640]
***\Hantyokusen [#lcd675e7]
 端点と,半直線が通過する1点を指定して半直線を描画します。
#ref(Hantyokusen01.png)
***\mHantyokusen [#ga1bf8da]
 端点と,半直線の方向ベクトルを指定して半直線を描画します。
#ref(mHantyokusen01.png)
***\kHantyokusen [#n5105d75]
 端点と,半直線の方向角を指定して半直線を描画します。
#ref(kHantyokusen01.png)
**\HtyokuT [#q0815117]
 半直線を描画後,半直線が描画領域から外れる限界点が \HtyokuT に保存されています。
#ref(HtyokuT01.png)

**半直線描画の修飾オプション [#x460144f]
-半直線の太さ変更,線種変更,色づけなどの指定法は [[\Drawline>Drawline]] と同様です。
-下の例は,線の太さを 1pt に変更しています。
#ref(linethickness01.png)

*入試問題から [#y6d4818f]
|||BGCOLOR(lightgreen):|c
|2008 広島大学 |&ref(0062200810.tex); |&ref(0062200810fig.png);|
*注意事項 [#q47ecc5b]
*関連事項 [#tea8e848]
+[[\Drawline>Drawline]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS