&size(24){''\HenToubun''};
 線分の n等分点を求めます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#id538b1a]
emathPh.sty

*書式 [#b4dcf087]
\HenToubun#1#2#3#4
-#1: 端点1
-#2: 端点2
-#3: 分割数
-#4: 分点の名前(配列基幹名,または,コンマ区切り点列名)
--#4 において,戻る分点の個数は両端を除く (n-1)個

*例 [#w883926a]
**基本例 [#z1d5124e]
 線分ABの 6等分点
   \Pi,\Pii,\Piii,\Piv,\Pv
 を求めます。
#ref(HenToubun01.png)
-n等分点を配列形式ではなく,個別に名称を定める方式です。~
線分ABの3等分点を \C, \D と指定する例です。
#ref(HenToubun02.png)
-この方式では,#4で与えるべき名称の個数は(n-1)でなければなりません。~
個数が不一致の場合はエラー
 ! HenToubun:arg4 doesn't much arg3.
が発生します。
*関連事項 [#e9e05999]
-[[\Bunten>Bunten]]
-円弧のn等分点を取得するには,[[\EnkoToubun>EnkoToubun]] を用います。
-[[\iiiHenToubun>iiiHenToubun]]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS