\KTkukan

連立不等式の解を数直線上に表示します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\KTkukan[#1]#2#3
\kukantakasa
\KTkukan*[#1]#2#3

基本例

連立不等式,個々の解区間,答えの区間を数直線上に表示します。
デフォルトでは,各解区間に \maru1, \maru2, .... を表示し,
答えの区間は斜線塗りをします。
端点を含む場合は黒塗り,含まない場合は白塗りで区別し,
数直線からの立ち上がりも,
端点が含まれる場合は直角に,含まない場合は斜めにしてあります。
KTkukan01.png

区間の和集合

解が複数の区間の和集合となる場合は,`|'で区切ります。
KTkukan02.png

数式番号と図の番号

デフォルト

上の例では,数式の番号と,図の区間に付与される番号が一致していますが,
これはたまたまなのです。
デフォルトでは,図の区間に付与される番号は,
  \maru1, \maru2, .....
となっています。数式番号はいつでもそうではありません。
label01.png

図の番号を数式番号に揃える

ずれてはいけませんね。
これを一致させるには,
数式にラベルをつけた上で,
\KTkukan に [....] オプションで,
  ラベル名を `;' 区切り
で与えます。
label02.png

図の番号なし

図には番号をつけない,
ということなら,\KTkukan の [...] オプションの中を空にします。 
label03.png

図には独自の記号

図には,数式番号ではなく,別の記号を付与したいとなれば,
アスタリスク付コマンド \KTkukan* を用い,[....] オプションに
  付与したい記号を `;' 区切りで
与えます。
label04.png

注意事項

関連事項

  1. \KTkukans
  2. \pKTkukan
    4386

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS