&size(24){''\Kakukigou''};
 角内に,円弧を描画し,円弧中央に文字列を配置します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#f1ad27a9]
emathPh.sty

*書式 [#z475d7e8]
\Kakukigou[#1]<#2>#3#4#5<#6><#7>
-#1: [[円弧修飾>#a7627f8c]]
 #1=a : 円弧に矢印(正の回転)
 #1=r : 円弧に矢印(負の回転)
 #1=b : 円弧に矢印(両向き)
 #1=| : 円弧中央に,円弧と垂直な短い線分を配置
-#2: [[円弧の個数>#k1d86523]]
-#3#4#5 : 角#5#4#3 (#4 が角の頂点)
-#6: key=val をコンマ区切りで並べる
-#7: obsolete
-以下,~
   円弧の中点(\KakukigouP)を,文字列配置基準点として~
\emathPut に引き渡されます。

#6 における有効な key は
:[[bezier>#b26f4a80]]| 円弧ではなく放物線を描画
:[[Hankei>#g42bfd59]]| 円弧の半径
:[[hasen>#ab893f36]]| 円弧を破線で描画
:[[Kakukigoubounagasa>#n306c947]]| 円弧に付与される棒の長さ
:[[Kakukigoukankaku>#qf9eda14]]|複数円弧の間隔

以下,emathPs.sty で定義されている
pszahyou(*)環境特有のオプションです。
:[[linewidth>#linewidth]]|円弧の太さ変更

*例 [#hc873ddb]
**基本例 [#y8c14322]
 \Kakukigou\A\B\C は,∠ABC 内に円弧を描画し,
 円弧の中央をPとして,\Put\P....を呼び出します。
#ref(Kakukigou00.png)
 において,\Kakukigou の引数は \A\B\C までで,
 その次の {$\theta$} は \Put の引数です。
 このままでは,\theta の位置が望ましくありませんから
 \Put の文字位置を微調整するオプションを用いて調整します。
#ref(Kakukigou02.png)
 \Kakukigou#3#4#5 における点の配列順は意味を持ちます。
 逆順にすると
#ref(Kakukigou01.png)
 すなわち,半直線 #4#3 を正の向きに回転して半直線 #4#5 に重ねる回転を描画します。
**円弧修飾 [#a7627f8c]
 \Kakukigou のオプション引数 [#1] に a/r/b のいずれかを与えることで
 円弧に矢印をつけます。
#ref(Kakukigou11.png)
 [#1]に | を与えると,円弧の中央部に,
 円弧に垂直な短い線分をつけます。
#ref(Kakukigou12.png)
**円弧の個数 [#k1d86523]
 <#2>に 2 を与えることで円弧を二重にすることが出来ます。
#ref(Kakukigou22.png)
 <#2>に 3 を与えれば円弧は三重となります。
#ref(Kakukigou23.png)
 逆に,<#2>に 0 を与えれば円弧は描画されません。
 円弧を描画せず,記号のみを配置したりすることが出来ます。
#ref(Kakukigou20.png)
**円弧の半径 [#g42bfd59]
 角内に描画される円弧の半径は,デフォルトでは 10pt となっています。
#ref(Hankei01.png)
 円弧の半径を変更するには,<Hankei=..>オプションを用います。
 右辺値は単位を伴った長さです。
#ref(Hankei02.png)
 右辺値は,単位を伴わない無名数も許容され,
 その場合,単位として \unitlength が附加されます。
#ref(Hankei03.png)
**円弧を破線で [#ab893f36]
 円弧を破線で描画するオプションが <hasen=[L][G]> です。
 右辺の L, G はいずれも無名数で
     L : 描画される部分の長さ
     G : 描画されない部分(ギャップ)の長さ
 いずれも単位は pt となっています。
#ref(hasen01.png)
**円弧ではなく放物線 [#b26f4a80]
 角の二等分線で \Kakukigou を使うと
 ∠ABP, ∠PBC 内の円弧半径が一致しているため
 2つの \Kakukigou とはみなされず,
 ∠ABC に対する \Kakukigou と思われてしまうでしょう。
#ref(bezier00.png)
 このようなときに,円弧ではなく放物線を用いるのも一法でしょう。
#ref(bezier01.png)
 <bezier=..> の右辺値は
    角の頂点から放物線の頂点までの距離の
    角の頂点から円弧中央までの距離に対する比率
 です。俗にいえば,円弧をどれだけ引き伸ばすかという比率ともいえるでしょうか。
**複数円弧の間隔 [#qf9eda14]
 複数の円弧を描画する場合,円弧間の距離はデフォルトで 0.5 mm となっています。
#ref(Kakukigoukankaku00.png)
 これを変更するオプションが <Kakukigoukankaku=..> です。
 右辺値は,単位を伴う長さです。
 下の図で,一番外側の円の半径は Hankei=7mm と指定された値で,その内側に半径
    7-1=6(mm)
    7-2*1=5(mm)
 の円弧が描画されています。
#ref(Kakukigoukankaku01.png)
**円弧に付与される棒の長さ [#n306c947]
 #1=| とした場合に,円弧に付与される棒の長さを変更するオプションが
 [Kakukigoubounagasa=..] です。デフォルトは[Kakukigoubounagasa=0.5mm]に相当し,
 円弧の外側に 0.5mm, 内側に 0.5mm,あわせて 1mm の短い線分となります。
#ref(Kakukigoubounagasa00.png)
 下の図では [Kakukigoubounagasa=1mm]としましたから,円弧の内外1mmずつ
 あわせて 2mm の線分が描画されます。
#ref(Kakukigoubounagasa01.png)
**円弧の中点 [#o41c2855]
 円弧の中点が,制御綴 \KakukigouP に保存されています。
 角内が狭いときなど,\PutStr(*) と組み合わせて利用することが出来ます。
#ref(KakukigouP.png)
CENTER:&ref(KakukigouP.tex,,上のソースリスト);
**円弧の太さ(pszahyou(*)環境) [#linewidth]
 pszahyou(*)環境では,描画される線が太目となります。
#ref(linewidth1.png)
 円弧の太さを変更するには
   <linewidth=..>
 オプションを用います。右辺値は \setlinewidth の右辺値と同じです。
#ref(linewidth2.png)
*注意事項 [#nac98504]
+ その1
*関連事項 [#h3572839]
+[[\Kakukigou*>Kakukigou*]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS