&size(24){''\LHline''};
 始点と半直線が通過する一点を与えて半直線を描画します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#od313591]
emathPh.sty

*書式 [#pe48ac44]
\LHline<#1>#2#3
-#1: key=val
-#2: 始点
-#3: 半直線が通過する一点
 始点と半直線が通過する一点を与えて半直線を描画します。
 描画後,半直線が描画領域を外れる点を \HlineT に保存しています。

-#1 における有効な key は
:[[dash>#dash]]| 半直線を破線で描画します。
:[[HlineT>#HlineT]]| 半直線が描画領域を外れる点を保存します。
:[[iro>#iro]]| 半直線に色をつけます。
:[[linethickness>#linethickness]]| 半直線の太さを変更します。

*例 [#c65705a1]
**基本例 [#e10af0db]
 始点と半直線が通過する一点を与えて半直線を描画します。
 zahyou環境で設定した描画範囲外はクリップされます。
#ref(LHline01.png)

**入試問題から [#y47ea3a7]
|||LEFT:|c
|2003 センター |&ref(0000200308.tex); |&ref(0000200308fig.png);|

RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS