&size(24){''\Lline''};
&size(24){''\Lline''};~
&size(24){''\Llines''};
 2点を与えて,その2点を通る直線を描画します。
#contents
#br
*定義されているスタイルファイル [#ke3da916]
emathPh.sty
*書式 [#f61cbff8]
 \Lline<#1>#2#3
-#1: key=val
-#2: 点1
-#3: 点2
-#1 における有効な key は
:[[color>#color]]| 直線に色を付与~
(iro も同義のキーです)
:[[func>#func]]| 直線を表す一次関数式を保存します。
:[[hasenLG>#hasenLG]]| 直線を破線で描画
:[[hidariM>#migiM]]| 左端点に出力する文字列を指定
:[[hidariT>#migiT]]| 直線の左端点に名前をつけて保存
:[[linethickness>#linethickness]]| 直線の太さを変更
:[[migiM>#migiM]]| 右端点に出力する文字列を指定
:[[migiT>#migiT]]| 直線の右端点に名前をつけて保存
:[[sensyu>#sensyu]]|線種を変更

以下,emathPs.sty で定義されている pszahyou(*)環境特有のオプションです。
:[[dash>#dash]]| 直線を破線で描画

 このコマンドを実行後,直線が描画領域を外れる点を \hidariT, \migiT に保存しています。
*例 [#df6bbcab]
**基本例 [#n900a0bb]
 2点を与えて直線を描画します。
 zahyou環境で設定した描画範囲外はクリップされます。
#ref(Lline01.png)
**borderwidth を指定した場合 [#tdf86add]
 zahyou環境の設定で
    [borderwidth=..]
 を指定した場合について述べます。
#ref(xyminmax01.png)
-上の図で実線で表わした長方形が,zahyou環境の引数 (-3,3)(-3,3) で指定した範囲です。~
破線は,[borderwidth=1em] で拡げられた範囲です。~
\Lline は,デフォルトでは,実線の枠内のみが描画されます。~
borderwidth で拡げられた範囲に延ばすには~
   \xyminmax{}~
とします。
#ref(xyminmax02.png)
--デフォルトは \xyminmx{true} としてあります。
**端点 [#hd370cd5]
***端点 [#migiT]
 \Lline で描画後,左右の端点の座標がそれぞれ
   \hidariT, \migiT
 に保存されています。
#ref(tanten01.png)
-ただし,複数の直線を描画した後では,最後の直線の端点のみが保存されていますから,~
以前の直線の端点を使いたいときは,保存しておく必要があります。~
そのためのオプションが~
  hidariT=.., migiT=..~
です。右辺値は,保存する制御綴の \ を除いた文字列です。例えば~
  migiT=foo~
とした場合は,制御綴 \foo に右端点が保存されます。
#ref(tanten02.png)
***端点に文字列 [#migiM]
 右端点に文字列を出力するには,<migiM=..> オプションを用います。
#ref(migiM01.png)
-文字列には,配置オプションを前置することが出来ます。
#ref(migiM02.png)
-配置オプションを省略した場合は,[e] とみなされます。
-左端点に出力するオプションは [hidairM=..> です。~
-左端点に出力するオプションは <hidairM=..> です。~
配置オプション省略時は [w] とみなされます。
#ref(hidariM01.png)

**線の修飾 [#ue755879]
***線の太さ [#linethickness]
 直線の太さを変更するオプションが <linethickness=..> です。
#ref(linethickness01.png)
***破線(1) -hasenLG- [#hasenLG]
 直線を破線で描画するには <hasenLG=..> オプションを用います。
#ref(hasenLG01.png)
***破線(2) -dash- [#dash]
 pszahyou(*)環境では,<dash=..> オプションも使用可能です。
#ref(dash01.png)
***点線 -sensyu- [#sensyu]
 直線を点線で描画するには
   <sensyu=\emdottedline>
 とします。
#ref(sensyu01.png)
***カラー [#color]
 直線に色をつけるには,<color=..> オプションを用います。
#ref(color01.png)
-<iro=..> も同義です。
**複数の直線 [#q921756f]
 <#1>が共通である複数の直線描画
   \Lline<#1>\A\B
   \Lline<#1>\C\D
 をまとめて
   \Llines<#1>{\A\B;\C\D}
 とすることが出来ます。
#ref(Llines01.png)

*入試問題から [#va59884a]
|||LEFT:|c
|2009 信州大学 |&ref(0040200920.tex); |&ref(0040200920fig.png);|
|2013 慶應義塾大学 |&ref(2062201326.tex); |&ref(2062201326fig.png);|
*関連事項 [#i3df1fa1]
-[[直線の描画]]
-直線描画を行わなわず,左端点,右端点を取得するコマンドが [[\LlineLR>LlineLR]] です。
-直線を描画せず,左・右端点を取得するコマンドが [[\LlineLR>LlineLR]] です。
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS