&size(24){''\PandL''};~
&size(24){''\Pandl''};~
&size(24){''\pandL''};~
&size(24){''\pandl''};~
 直線と平面の交点を求めます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#x68e6d1d]
emathPk.sty

*書式 [#l2363bb8]
 \PandL#1#2#3#4#5#6
-3点 #1, #2, #3 を通る平面と2点 #4, #5 を通る直線との交点を #6 に戻します。

 \Pandl#1#2#3#4#5#6
-3点 #1, #2, #3 を通る平面と点 #4 を通り方向ベクトルが #5 である直線との交点を #6 に戻します。

 \pandL#1#2#3#4#5
-点 #1 を通り法線ベクトルが #2 である平面と2点 #3, #4 を通る直線との交点を #5 に戻します。

 \pandl#1#2#3#4#5
-点 #1 を通り法線ベクトルが #2 である平面と点 #3 を通り方向ベクトルが #4 である直線との交点を #5 に戻します。

*例 [#dd0ec1c8]
**基本例 [#rbe7bb9a]
 3点 A, B, M で定まる平面と直線 OC の交点 N を求める例です。
#ref(PandL01.png)
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS