\Ptenretu
\Ptenretu*

媒介変数表示された関数 x=f(t),y=g(t) のグラフ上の点列を
  媒介変数(複数)を指定して
定義し,名札を貼ります。
\Ptenretu* は,名札を貼りません。
 

定義されているスタイルファイル

emathPp.sty[2012/09/28]

書式

\Ptenretu<#1>#2#3
  #1 は key=val 形式で,\tenretu に引き継がれます。
  #2 は関数 f(t)
  #3 は関数 g(t)
  #4 は点列を `;' で区切った列
  点列は
    [##1]##2(##3)[##4]
  の形式で点列を `;' で区切る。([##4]は,##4 と略記可)
kuromaru?
定義した点に黒丸を描画します。
siromaru?
定義した点に白丸を描画します。

基本例

複数の点を定義し,名札(ラベル)をつけます。
ptenretu01.png

名札指定オプション

名札は,点の名前と同じものが表示されますが,[名札]オプションをつけて変更することも可能です。
pnahuda01.png

<kuromaru> オプション

\Ptenretu に <kuromaru> オプションをつけたときは,定義された点の位置に黒丸が付きます。
pkuromaru01.png

<siromaru> オプション

\Ptenretu に <siromaru> オプションをつけたときは,定義された点の位置に白丸が付きます。
psiromaru01.png

\emathPut へ引き継ぐオプション

##1(##2) に引き続いて,emathPut へ引き継ぐオプションを記述できます。

方位オプション

名札を配置する方位オプションの使用例は,基本例で示しました。

syaei オプション

座標軸への射影線を引くオプションの使用例です。
psyaei01.png

関連事項


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS