&size(24){''\Ptenretu''};~
&size(24){''\Ptenretu*''};~
 媒介変数表示された関数 x=f(t),y=g(t) のグラフ上の点列を
   媒介変数(複数)を指定して
 定義し,名札を貼ります。
 \Ptenretu* は,名札を貼りません。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#ib4fbd3a]
emathPp.sty[2012/09/28]

*書式 [#ce6f0a85]
 \Ptenretu<#1>#2#3#4
   #1 は key=val 形式で,\tenretu に引き継がれます。
   #2 は関数 f(t)
   #3 は関数 g(t)
   #4 は点列を `;' で区切った列
   点列は
     [##1]##2(##3)[##4]
   の形式で点列を `;' で区切る。([##4]は,##4 と略記可)

-[[##1]]: オプションで,点の位置に置く文字列~
-[##1]: オプションで,点の位置に置く文字列~
   (省略時は,##2 と同じ)
-##2: \##2 という変数の頂点名(空文字列も許容します)
-(##3): 点の媒介変数 t(perl の計算式を許容します)
-[##4]: emathPut へ引き継ぐオプション

-#1: key=val で,有効なキーは:
:[[kuromaru]]|定義した点に黒丸を描画します。
:[[siromaru]]|定義した点に白丸を描画します。

*例 [#o2f2bcfd]
**基本例 [#g257a78f]
 複数の点を定義し,名札(ラベル)をつけます。
#ref(ptenretu01.png)
-媒介変数tには,perlの計算式を記述することができます。
-点の名前と 媒介変数tを列記しますが,名前の配置を \emathPut で行うさいの配置オプションを付け加えることが出来ます。~
上の例では~
  t=1/2 に対する点 A には,方位オプション [nw]~
  t=-2 に対する点 B には,方位オプション [n]~
をつけています。方位に対しては [ ] 記号は省略可能です。
-配置オプションをつけない場合は,(0,0)[lb] とみなされます。
-\Ptenretu* の場合は,配置オプションをつけても無視され,名札はつきません。
-\Ptenretu(*) コマンドは,点列を作って \tenretu(*) コマンドに引き渡しています。
**名札指定オプション [#s67cf6ac]
 名札は,点の名前と同じものが表示されますが,[名札]オプションをつけて変更することも可能です。
#ref(pnahuda01.png)
-上の例では,名札をつけた点 L は使い捨てですから,空文字列にしてしまってもかまいません。

#ref(pnahuda02.png)
**<kuromaru> オプション [#oacdb355]
 \Ptenretu に <kuromaru> オプションをつけたときは,定義された点の位置に黒丸が付きます。
#ref(pkuromaru01.png)
**<siromaru> オプション [#mbcfae66]
 \Ptenretu に <siromaru> オプションをつけたときは,定義された点の位置に白丸が付きます。
#ref(psiromaru01.png)
-color.sty を読み込んでおかねばなりません。
-\ParamC と \Ptenretu の発行順序に気配りが必要です。
**\emathPut へ引き継ぐオプション [#bb30cb34]
 ##1(##2) に引き続いて,emathPut へ引き継ぐオプションを記述できます。
-color.sty を読み込んでおかねばなりません。
-\ParamC と \Ptenretu の発行順序に気配りが必要です。
***方位オプション [#c6238590]
 名札を配置する方位オプションの使用例は,基本例で示しました。
***syaei オプション [#o1aa14bc]
 座標軸への射影線を引くオプションの使用例です。
#ref(psyaei01.png)
-名札は不要ということなら,*付きコマンド \Ptenretu* を用います。

#ref(psyaei02.png)
-点の名称が不要ということなら,##2(名札名)に空文字列を与えるのもあります。
#ref(psyaei03.png)


#ref(psyaei03.png)
*関連事項 [#g5a58a85]
-\Ptenretu(*) コマンドは,点列を作って \tenretu(*) コマンドに引き渡しています。~
細部については,[[\tenretu コマンド>tenretu]] をご覧ください。
-[[点列の定義]]
-[[\YTen>YTen]]
--\Ptenretu(*) コマンドは,点列を作って \tenretu(*) コマンドに引き渡しています。~
細部については,[[\tenretu コマンド>tenretu]] をご覧ください。
-[[\BTen>YTen]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS