&size(24){''\Pzyohou''};
 文字係数(1元)整式の除算を筆算形式で示します。
 ただし,文字係数は,整数係数の整式に限ります。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#pcadc7fc]
emathWp.sty
*書式 [#nf323e91]
\Pzyohou<#1>#2#3
:#1| key=val
:#2, #3| 除算する2つの整式の係数を,降冪順にコンマ区切りで列記します。~
係数部は文字式を降べき順に記述します。
*例 [#f9f24fde]
**基本例 [#pa41bdc5]
#ref(Pzyohou01.png)
//**変数名の変更 [#v9c3f48e]
// 変数名は,デフォルトでは x ですが,これを変更するには,
//   オプション引数 [#1]
// に変数名を与えます。
//#ref(Pzyohou02.png)
//**問題のみ [#mondainomi]
// オプション引数 <#2> に M を与えることで
// 答は表示せず,問題のみを筆算形式で表します。
//#ref(Pzyohou04.png)
//**答を別に(1) 埋め込み [#emathAe]
// \Pzyohou に<A>オプションをつけることで,
// emathAe.sty を併用して,答を別にします。
// 問題は通常形式,答は筆算形式となります。
// 下は
//   \usepackage[continue]{emathAe}
// としていますから,問題のすぐ後に答が表示されます。
// emathAe のロードオプションを
//   maskanstrue/false
// とすれば,答を非表示にしたり/表示したり出来ます。
//#ref(Pzyohou11.png)
//**答を別に(2) 巻末にまとめる [#ed3889d7]
// 次は,
//   \usepackage{emathAe}
// としていますから,答は巻末にまとめられます。
//#ref(Pzyohou12.png)
//**答を別に(3) 問題を乱数で生成 [#ta567dbf]
// さらに,
//   emathRn.sty
//   emathQf.sty
// などと連動させて,問題を乱数で生成することも可能です。
//#ref(Pzyohou13.png,wrap)
//CENTER:&ref(Pzyohou13.tex,,上のソースリスト);
*注意事項 [#b9e15f34]
-文字係数を必要としないものについては,[[\izyohou コマンド>izyohou]] を用います。
//#ref(fzyohou01.png)
*関連事項 [#i698e8fa]
*入試問題から [#qb6c9dba]
|||LEFT:|c
|1998 センター|&ref(0000199830.tex); |&ref(0000199830fig.png);|
|2005 愛知工業大学|&ref(2168200503.tex); |&ref(2168200503fig.png);|
*関連事項 [#i698e8fa]
-[[数値計算]]
--[[筆算]]
RIGHT:&counter;



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS