\Siromaru

平面上で,点列に白丸を打ちます。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\Siromaru[#1]#2

基本例

\Siromaru\A によって,点 \A に白丸を打ちます。
Siromaru1.png

ソースリストは

fileSiromaru1.tex

○の半径

[.] オプションで○の半径を変更します。
Siromaru2.png

ソースリストは

fileSiromaru2.tex

点列に白丸

複数の点に白丸を付与します。
Siromaru9.png

円周の太さ

pszahyou環境では,円周が太めに描画されます。
linewidth01.png
これを細くしたいときは
  \Siromarulinewidth#1
を用います。引数は,円周を描画する線の太さを単位つきの長さで与えます。
linewidth02.png

注意事項

  1. 直線上に白丸
    直線上に白丸を配置するときは,描画順が問題となります。
    先に白丸を配置したあとに直線を描画すると
    直線が白丸を突っ切ります。
    Siromaru3.png
    逆に,直線を描画したあとに白丸を配置すると
    Siromaru4.png
  2. 座標軸上に白丸
    座標軸上に白丸を配置する手順は面倒です。
    zahyou環境では,\end{zahyou}の中で座標軸が描画されます。
    したがって,座標軸は白丸を突っ切ります。
    Siromaru5.png
    対策は,zahyou*環境(座標軸を描画しない環境)を用い,
    白丸を描画する前に,座標軸を描画するコマンド
        \drawXYaxis
    を発行します。
    Siromaru6.png

関連事項

  1. 黒丸など
    1. 黒丸
  2. \KuromaruHankei?
  3. \SiromaruHankei
  4. \drawXYaxis?
    2219

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS