&size(24){''\Siromaru''};
 平面上で,点列に白丸を打ちます。
#contents
#br
*定義されているスタイルファイル [#x4d232c5]
emathPh.sty
*書式 [#m44e571f]
\Siromaru[#1]#2
- #1 : オプション引数で白丸の半径を(単位付で)与えます。デフォルトは 1pt としてあります。
- #2 : 白丸を打つべき点列を与えます。
*例 [#s7838418]
**基本例 [#sbc62927]
 \Siromaru\A によって,点 \A に白丸を打ちます。
#ref(Siromaru1.png)
ソースリストは
#ref(Siromaru1.tex)
**○の半径 [#v183905b]
 [.] オプションで○の半径を変更します。
#ref(Siromaru2.png)
ソースリストは
#ref(Siromaru2.tex)
**点列に白丸 [#f8cf5cae]
 複数の点に白丸を付与します。
#ref(Siromaru9.png)
-ただし,この機能は~
  emathPh.sty 2008/12/08 v 3.52~
以降を前提とします。
**円周の太さ [#mba96263]
 pszahyou環境では,円周が太めに描画されます。
#ref(linewidth01.png)
 これを細くしたいときは
   \Siromarulinewidth#1
 を用います。引数は,円周を描画する線の太さを単位つきの長さで与えます。
#ref(linewidth02.png)
*注意事項 [#hd1ab4ee]
+直線上に白丸
 直線上に白丸を配置するときは,描画順が問題となります。
 先に白丸を配置したあとに直線を描画すると
 直線が白丸を突っ切ります。
#ref(Siromaru3.png)
 逆に,直線を描画したあとに白丸を配置すると
#ref(Siromaru4.png)
+座標軸上に白丸
 座標軸上に白丸を配置する手順は面倒です。
 zahyou環境では,\end{zahyou}の中で座標軸が描画されます。
 したがって,座標軸は白丸を突っ切ります。
#ref(Siromaru5.png)
 対策は,zahyou*環境(座標軸を描画しない環境)を用い,
 白丸を描画する前に,座標軸を描画するコマンド
     \drawXYaxis
 を発行します。
#ref(Siromaru6.png)
//+dvipdfmx で白丸が黒丸になってしまう~
//という事態は,ロードオプションが不適切であることが原因です。~
//グラフィックスは dvi-ware に依存します。それを吸収するのが~
//  graphicx.sty, color.sty ~
//に対するグラフィックドライバの指定です。~
//emath では,~
//  emathP*.sty~
//に対してその指定を行います:~
//  \usepackage[dvipdfmx]{emathPh}
*関連事項 [#mff9df87]
+[[黒丸など]]
++[[黒丸>Kuromaru]]
+[[\KuromaruHankei]]
+[[\SiromaruHankei>SiromaruHankei]]
+[[\drawXYaxis]]
+[[\iiiSiromaru>iiiSiromaru]]
RIGHT:&counter;



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS