\bigzeroRT
\bigzeroLB

対角行列の右上,左下の 0 が並ぶブロックを大きい 0 で表示します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\bigzeroRT
\bigzeroLB

対角型行列では,右上・左下は 0 が並びます。
bigzeroRT00.png
左下・右上の 0 を \Huge としてみます。
bigzeroRT01.png
\Huge 0 の影響で,例えば,最下行とその上の行間が拡がってしまいます。
ということで,\bigzeroRT, \bigzeroLB の出番です。
bigzeroRT02.png
file上のソースリスト

大きさの変更

もっと大きくしたい,ですか ?
\bigzerosizeratio で拡大率を指定することが出来ます。
bigzeroRT03.png
file上のソースリスト

文字の変更

\bigzeroLB, \bigzeroRT によって出力される記号は「数字の 0」です。
これを別の文字とするには
  \bigzerochar#1
コマンドを用います。
bigzeroRT04.png
左下と右上の記号を別々にしたければ
\bigzeroLBchar#1, \bigzeroRTchar#1
コマンドを用います。
bigzeroRT05.png

関連事項

  1. 数式記号
    1075

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS