&size(24){''breakitembox環境''};
 ページをまたぐ itembox環境です。
 ただし,ページをまたぐ必要がなければ,itembox環境の使用を推奨します。
 中身が1行だけの文章を breakitembox環境で囲むなどは狂気の沙汰というべきです。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#m2eb1fa9]
itembkbx.sty

*例 [#s247560f]
**基本例 [#nc506b41]
 ascmac.sty で定義されている
   見出しつき,角の丸い囲み --- itembox環境
 を,磯崎秀樹氏の作成された
   breakbox環境
 の手法を用いて,ページをまたげるようにしたものです。
 使用法などは,emath 丸ごとパック同梱の
   doc/itembkbx/itembkbx.tex
 にあります。
#ref(2b21fig1.png,wrap)
#br

#ref(2b21fig2.png,wrap)
#ref(breakitembox01a.tex,center,上のソースリスト);
**段落先頭の字下げ(1) \breakboxparindent [#fcea05a6]
 itembreakbox環境内における段落先頭の字下げについては,breakbox の仕様に従います。
 デフォルトでは,eclbkbox.sty において
     \def\breakboxparindent{1.8em}
 と定められています。
#ref(parindent01.png)
-これを再定義することで字下げ量を変更することが出来ます。
#ref(parindent02.png)
-\breakboxparinden の再定義は,breakitembox環境の外で行います。~
breakitembox環境内での変更は~
   \noindent~
   \setlength{\parindent}{...}~
などを用います。
#ref(parindent03.png)
**段落先頭の字下げ(2) <parindent=...> [#d939e161]
 \breakboxparinden の再定義は,それが有効な範囲内におけるすべての breakitembox環境に影響します。
 特定の breakitembox環境のみに有効とするには,breakitembox に
    <parindent=..>
 オプションを与えます。
#ref(parindent04.png)


*関連事項 [#v5a7972b]
-四隅の四分円と,縦横罫線との接続が気になるという場合は,~
  [[EMpsframed環境]] または [[EMpIIeframed環境]]~
に,[rectboxoval=..]オプションをつけたものを用います。
-罫線の太さを変更,色をつける,破線とする,~
背景色を付加などは,~
  [[EMpsframed環境]] または [[EMpIIeframed環境]]~
を用います。
RIGHT:&counter;



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS