このページは,開発中の環境を扱っています。
まずは,psrectbox環境のページをご覧ください。
そのうえで,こちらをどうぞ。
問題点の指摘などは,掲示板ではなく,saloon へお願いします。

breakpsrectbox環境

ページをまたぐ EMpsrectbox環境です。
 

定義されているスタイルファイル

emathPsbb.sty

書式

\begin{breakpsrectbox}[#1]
   .....
\end{breakpsrectbox}

基本例

ex01a.png
 
ex01b.png
file上のソースリスト

[remake] オプション

emathPs.sty の仕様として,いったん作成された EPS ファイルは再描画されません。
したがって,枠内のテキストが変更され行数に増減があっても枠は前のままです。
具体例で見てみましょう。まずは,次のようなものを作ったとします。

remake01.png

その後,枠内の文章を修正して,短くなったとします。

remake02.png

枠は作り直されず,前のものが使われますから,
  下罫線がついている画像(前の四行目の文についていた画像)
は,使われず,3行目で終わりとなり,尻抜けとなってしまいました。

対策は,emathPs.sty を [remake] オプション付きでロードしておくことです。 このオプションをつけておけば,epsファイルは必ず作り直されます。

remake03.png

[vrule] オプション

この環境は,一行ずつ切り出してその周りに罫線を postscript の画像として配置します。
postscript画像を ghostscript で処理する dvi-ware (dvipdfm, dvipdfmx, dviout など) には,
荷が重い処理となります。
一つの手抜き法として,先頭行・末尾行以外の行の縦罫線は TeX の \vrule で処理するオプション [vrule] を用意しました。

#ref(): File not found: "vrule01.png" at page "breakpsrectbox環境"

枠内のテキスト部と枠線との間隔 --[hsep=..,vsep=..,hvsep=..] オプション

枠内のテキスト部と枠線との間隔は \fboxsep に従います。

hvsep00.png

段落先頭のインデント -- [rectboxparindent=..]オプション

EMpsrectbox環境は,実質 minipage環境です。したがって段落先頭のインデントはつきません。

rectboxparindent00.png

見出し

枠線上に見出し文字列を配置します。

上見出し -- [item=..,itempos=..] オプション

罫線枠上辺に見出し文字列を配置するためのオプションが [item=..]です。右辺値は,見出し文字列です。

item01.png

下見出し -- [bitem=..,bitempos=..] オプション

罫線枠下辺に見出し文字列を配置するためのオプションが [bitem=..]です。

bitem01.png

枠線の修飾

枠線の太さ指定 --[framethickness=..] オプション

枠線の太さを指定するオプションが [framethickness=..] オプションです。
右辺値は 単位を伴う長さです。
framethickness01.png

枠線色指定 --[framecolor=..] オプション

枠線に色をつけるオプションです。

framecolor01.png

枠の形状

デフォルトでは,枠罫線は長方形で,四隅は直角の折れ線です。
この形状を変更するオプションを紹介します。

コーナーを丸く --[rectboxoval=..] オプション

まずは,四隅を四分円にするのオプションが [rectboxoval=..] です。
右辺値は四分円の半径(単位を伴った長さ)です。
oval01.png

[rectboxoct=..] オプション − 枠の斜め切り

次に,四隅から直角二等辺三角形を切り取るオプションが [rectboxoct=..] です。
oct01.png

左右の罫線のみ --[LRonly] オプション

[LRonly] オプションは左右の罫線のみを描画します。
(天地の罫線は描画されません。)
LRonly01.png

左罫線のみ --[Lonly] オプション

[Lonly] オプションは左罫線のみを描画します。
Lonly01.png

二重枠 (breakpsrectbox環境のネスト)

breakpsrectbox環境の中に breakpsrectbox環境を配置することで,二重枠線の囲みを作ることが出来ます。
doublebox01.png

背景色指定 --[backgroundcolor=..] オプション

テキスト部に背景色をつけるオプションです。

bgcolor01.png

注意事項

  1. この環境は,1行ごとに分割して処理をします。
      (break... 環境はすべてそうです)
    ページをまたぐ必要がなければ,psrectbox環境を使用します。
  2. 極端な使用法として,
      中身が1行だけの文を breakpsrectbox環境で囲むとおかしくなる
    などというクレームは論外です。
    ( psrectbox環境を使えばよい,ということ。)
  3. emathPsbb.sty では,「EMbreakpsrectbox環境」の名前で定義されています。
    他のスタイルファイルと競合しない限り,「breakpsrectbox環境」の名前で使用することができます。
    1628

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS