\defcsvfunc

n次関数を,係数を降冪順に列記することで定義します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPp.sty

書式

\defcsvfunc[#1]<#2>#3#4

基本例

  \defcsvfunc\Fx{2,-3,-4}
とすれば,\Fx として二次関数 2x^2-3x-4 が定義されます。
そのグラフを描画するには,\YGraph コマンドを用います。
defcsvfunc01.png

昇べき順 -- [r]オプション

係数列は,デフォルトでは「降べき順」とみなされますが,
[r]オプションを付加すれば「昇べき順」となります。例えば
  \defcsvfunc[r]\Fx{2,-3,4)
とすれば \Fx として,二次関数 2-3x+4x^2 が定義されます。
defcsvfunc2.png
fileソースリスト

csv 列の保存 --<csv=..> オプション

\defcsvfunc の戻り値は,関数式です。
csv 列を保存しておきたいときは,
  <csv=...> オプションを与えます。
右辺値は保存すべき制御列の \ を除いた文字列です。
csv01.png
2090

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS