\emTsya
\sya

tabular(or array)環境で作られる表のセルに斜め線を引きます。
 

定義されているスタイルファイル

emathT.sty
ただし,\rotatebox を使用しますから,graphicx.sty が必要です。

書式

\emTsya(#1)[#2]<#3>
\sya(#1)[#2]<#3>
n
セル左下と右上を結ぶ斜線(デフォルト)
r
セル左上と右下を結ぶ斜線
x
上の両方
o
斜線を引かない
D
斜線の深さを指定します。右辺値は単位を伴う長さです(計算式も可)。
H
斜線の高さを指定します。右辺値は単位を伴う長さです(計算式も可)。
v
斜線の縦幅を指定します。右辺値は文字列で,その高さ・深さで斜線を引きます。
W
斜線の横幅を指定します。右辺値は単位を伴う長さです(計算式も可)。
w
斜線の横幅を指定します。右辺値は文字列で,その横幅で斜線を引きます。
S
セルに文字列を配置します。

基本例

tabular(or array)環境で作られる表のセルに斜線を引きます。
emTsya00.png

横幅指定

(w=...)オプション

上の例では,斜線がセルいっぱいに広がっていません。
セルのコーナーとコーナーを結ぶ斜線を引くには,\emTsya コマンドにオプションをつけます。その一つが
  (w=...)
で,右辺値は,当該列における最長セルの要素です。
yoko01.png

(W=...)オプション

もう一つのオプションは
  (W=...)
で,右辺値は単位を伴う長さです。
この方法は,tabular (or array) の列指定子を
  l/c/r ではなく,L/C/R
で幅を指定する流儀に対して有効でしょう。
yoko02.png

縦幅指定

(v=...)オプション

表の要素に高さ・深さが大きいものが登場すると,斜線の縦幅が不足します。
下の表では,第2行に分数が登場します。従って2行目の斜線が上下の罫線と離れてしまいます。
tate01.png
これを修正するには,
  (v=...)
オプションを付加します。
右辺値は,当該行における高さが最大であるセルの要素です。
tate02.png

(H=...,D=...)オプション

斜線の高さ・深さを単位付きの数値で指定するオプションです。
下の例では,2行ぶち抜きの斜線を引いています。
斜線を2行目に配置する場合,その
   高さは,2行目の高さ,
   深さは,2行目の深さ+3行目の高さ+3行目の深さ
となります。この表では,行は標準の高さ・深さですから,
   高さは \ht\strutbox
   深さは \dp\strutbox
で得られます。
tate11.png

表の行高均一

表のすべての行に均一の支柱を立てるには
  \begin{tabular{|>{\bsityuu}c|c|}
などとしますが,この手法では \emTsya に高さが伝わりません。
gyoudaka02.png

斜線の方向

デフォルト

斜線の方向は,デフォルトでは
  セルの左下と右上
を結びます。
houkou01.png

逆方向

逆に
  セルの左上と右下
を結ぶには,[r] オプションを付与します。
houkou02.png

クロス

両方の斜線,斜線をクロスさせるには,[x]オプションを付与します。
houkou03.png

斜線なし

斜線を引かないオプションが [o] です。
併設の zahyou*環境を使用するのが目的です。
houkou00.png

セルに文字列

\emTsya を配置するセルは,空欄であるのがデフォルトです。
斜線の右上・左下に見出しを配置する方法については,「表見出し」の項をご覧ください。
\emTsya を配置したセルにも,文字列を出力するには \emTsya に (S=...) オプションを付加します。
str01.png

併設 zahyou*環境

座標軸の位置

\emTsya コマンドを発行したセルには,zahyou*環境が設定されています。
  x軸は,当該行のベースライン
  原点は,ベースライン上セル両端の中点です。
この設定は,列指定子が L, C, R のいずれであっても同じです。
このzahyou*環境における描画コマンドを,\emTsya の <#3> オプションに記述します。
一例として,\drawXYaxis で座標軸を描画してみましょう。
zahyou01.png

セルの網掛け

併設zahyou環境を利用する一例として,斜線を引いたセルに網掛けをしてみます。
nuri01.png

表見出し

一番左上のセルに斜線を引き
  左下コーナー \LB を基準点として \Put\LB(3pt,1pt)[lb]{X}
  右上コーナー \RT を基準点として \Put\RT(-3pt,-1pt)[rt]{Y}
として表見出しを出力する,というのはよく使いそうですから,コマンド
  \hyoumidasi{X}{Y}
を用意しました。
hyoumidasi01.png

入試問題から

2003 慶應義塾大学file2062200340a.tex2062200340fig.png
2001 山梨医科大学file0091200101a.tex0091200101fig.png
2005 早稲田大学file2140200505a.tex2140200505fig.png

注意事項

関連事項


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS