&size(24){''emath のインストール''};
-emath パッケージのインストールについての解説ページです。~
ただし,TeX, LaTeX のインストールは済んでいるという前提です。~
TeX のインストールについては,[[奥村先生の TeXWiki>http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/]] をご覧ください。
#contents
#br

*ダウンロード [#if5a8f64]
当サイト http://emath.s40.xrea.com/ の目次~
  丸ごとパック~
のページから,丸ごとパック emathf******.zip をダウンロードします。~
(****** の部分は日付)
次に~
  修正パック~
のページから,修正パック ******.zip をダウンロードします。~
最後に~
  実験版~
のページから,実験版 ******sty.zip をダウンロードします。~
(****** の部分は日付)~
ダウンロードした順に適切なフォルダに解凍コピーします。

*解凍 [#y2c46ac1]
ダウンロードした zip ファイルを解凍すると,次の4つのファイルが得られます。

 doc.zip
 pdf.zip
 readme.txt
 sty.zip

* sty ファイルの配置 [#z1155559]
解凍して得られた sty.zip をさらに解凍すると 60個のファイルが得られます。
その配置先を[[次のように>emath.styの置き場所]]決め,配置します。

* doc ファイルの配置 [#kfd77f0f]
doc.zip を解凍すると,emath パッケージの使用説明書(tex source)が得られます。~
適当な位置に配置してください。

*pdf ファイルの配置 [#pd87c8bf]
pdf.zip を解凍すると,上記使用説明書をタイプセットして得られる pdf ファイルが得られます。~
これもお好みの位置に配置します。

*動作確認(1) [#a9c6874c]
-ここまでで,emath を使用することが出来るはずです。~
次のリストをタイプセットしてみましょう。
#ref(kakunin01p.tex,center,動作確認リスト)
エラーなくタイプセットできましたか。タイプセット結果は下のようになります。
#ref(kakunin01p.png,center,wrap)
*その他のスタイルファイル [#bdc3c24b]
-当サイトに置いてあるソースリストの中には,~
emath パッケージ以外のスタイルファイルを使用するものも含まれています。~
その主なものについては,当サイトの目次から~
  スタイルファイル~
    emath に必要なスタイルファイルなど~
とたどったところに案内をしておきました。~
必要に応じて,そこから取得して~
  適当な場所(よくわからなければ,emath.sty と同じ場所)~
に置いてください。~
*動作確認(2) [#a5f75dee]
次のリストは,図を描画するのに tpic-specials を用いますから~
  epic.sty, eepic.sty~
を必要とします。
#ref(kakunin02p.tex,center,動作確認リスト)
エラーなくタイプセットできましたか。タイプセット結果は下のようになります。
#ref(kakunin02p.png,center,wrap)

* 修正パック [#k579aeb1]
丸ごとパックのうち,その後更新されたもの,新たに作成されたものをまとめたものを
修正パックと称しています。~
当サイトの目次「修正パック」からダウンロードした~
  ******.zip (****** は年月日)~
を解凍して得られる readme.txt をご覧ください。~
以下の記述は,修正パックを当ててあることが前提です。

*Ghostscript [#ef94510d]
-EPS 形式の画像を取り込むには,Ghostscript が必要になることがあります。~
gs に PATH を通しておくことが必要です。~
Windows で Ghostscript をインストールするには,~
  [[角籐先生のページ>http://w32tex.org/index-ja.html]]~
をご覧ください。

*動作確認(3) [#u772199d]
次のリストは,座標平面を EPS ファイルに仕立てて,それを読み込みます。~
Windows のビューア dviout は gs をフルパスで起動させていますから,
gs に PATH が通っていなくても図を見ることが出来ますが,~
dvipdfmx はそんな面倒を見てくれませんから,gs に PATH を通しておかないと~
  dviout では見えたのに,dvipdfmx では図が消えてしまった~
という事態が発生します。
#ref(kakunin03p.tex,center,動作確認リスト)
エラーなくタイプセットできましたか。タイプセット結果は下のようになります。
#ref(kakunin03p.png,center,wrap)

*perl との連携 [#x02d64ef]
TeX は計算ソフトではありません。~
関数のグラフを描画するには,関数値の計算をする必要があります。~
emath パッケージでは,計算を perl に外注しています。~
それを実現する方法については [[perlとの連携]] をご覧ください。

*動作確認(4) [#o47685e1]
次のリストは,perl と連携して関数のグラフを描画します。
#ref(kakunin04p.tex,center,動作確認リスト)
エラーなくタイプセットできましたか。タイプセット結果は下のようになります。
#ref(kakunin04p.png,center,wrap)

RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS