&size(24){''\emkasen''};
 下線(縦書きでは右傍線)に記号などを付与します。
 このページでは,「下線(縦書きでは右傍線)」を単に「下線」と表記します。

 このページは,αバージョンです。
 仕様は断りなく変化します。

#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#n133f64a]
emkasen.sty

*書式 [#ndc8e81f]
 \emkasen<#1>[#2]#3
-#1: key=val
-#2: \uline (\oline) に引き継ぐオプション --- 現在未実装
-#3: 下線を付ける対象文字列
#1 における有効な key は
:[[kigou>#kigou]]| 下線に付与する記号

 \kasenkigouboxoption#1
-[[#1>#boxoption]]: 下線記号を出力する \makebox のオプションを指定します。~
デフォルトは \kasenkigouboxoption{[0pt][r]} となっています。

 \kasenkigoufont#1
-[[#1>#font]]: 下線記号を出力するフォントを指定します。

 \kasenkigouitix#1
-[[#1>#itix]]: 下線記号を出力する位置の横方向(縦書きでは縦方向)への移動量を指定します。

 \kasenkigouitiy#1
-[[#1>#itiy]]: 下線記号を出力する位置の縦方向(縦書きでは横方向)への移動量を指定します。

 \kasenkigoutatehaiti#1
-[[#1>#tatehaiti]]: 下線記号を出力する縦位置(縦書きでは横位置)を変更します。~
現時点では,有効な引数は `c' だけです。

*例 [#v99f4abf]
**基本例 [#b9b0207c]
 下線を引くには,吉永 徹美 氏が公開しておられる uline--.sty における
 \uline (縦書きでは \oline)を呼び出しています。
 従って,行をまたぐことが出来ます。
#ref(emkasen01.png)
-縦書きでは
#ref(emkasen01t.png,center)
-uline--.sty については~
http://www.h4.dion.ne.jp/~latexcat/macros/macro-index.html

**下線に記号 [#kigou]
 下線冒頭に記号を付与するには,\emkasen に
   <kigou=..>
 オプションをつけます。
#ref(kigou01.png)
-縦書きでは
#ref(kigou01t.png,center)
**下線記号出力位置の変更 [#d233a35d]
 下線に付与する記号の出力位置を調整する方法です。
***横位置(1) \kasenkigouboxoption [#boxoption]
 横位置(縦書きでは上下)を大雑把に調整するには \kasenkigouboxoption コマンドを用います。
 デフォルトは \kasenkigouboxoption{[0pt][r]} となっています。
#ref(boxopt01.png)
-縦書きでは
#ref(boxopt01t.png,center)

 特に,\kasenkigouboxoption{\empty} とした場合は,
 下線を付した文字列の先頭と,直前の文字との間隔が記号分だけ空くことになります。
#ref(boxopt02.png)
-こうしておいてから,後述の記号位置の縦方向移動を用いて記号を上方に吊り上げた方式がセンター試験では採用されているようです。
-縦書きでは
#ref(boxopt02t.png,center)
***横位置(2) 微調整 \kasenkigouitix [#itix]
 横位置(縦書きでは上下)を微調整するには,\kasenkigouitix コマンドを用います。
 引数は,単位の付いた寸法で
   横書きの場合は記号を右に(負の値を指定すれば左に)
   縦書きの場合は記号を下に(負の値を指定すれば上に)
 移動します。
#ref(itix01.png)
-縦書きでは
#ref(itix01t.png,center)

***縦位置(1) \kasenkigoutatehaiti [#tatehaiti]
 縦位置(縦書きでは横位置)を大雑把に調整するには,\kasenkigoutatehaiti コマンドを用います。
#ref(tatehaiti01.png)
-デフォルトでは,記号は下線左下に付きますが,~
  \kasenkigoutatehaiti{c}~
とすれば,記号は下線真横に付きます。ただし,本文と重なってしまいますから,上述の~
  \kasenkigouboxoption{\empty}~
と併用する必要があるでしょう。
-縦書きでは
#ref(tatehaiti01t.png,center)

***縦位置(2) 微調整 \kasenkigouitiy [#itiy]
 縦位置(縦書きでは横)を微調整するには,\kasenkigouitiy コマンドを用います。
 引数は,単位の付いた寸法で
   横書きの場合は記号を上に(負の値を指定すれば下に)
   縦書きの場合は記号を右に(負の値を指定すれば左に)
 移動します。
#ref(itiy01.png)
-縦書きでは
#ref(itiy01t.png,center)

**下線記号のフォント [#font]
 下線記号を出力するフォントを指定するには,\kasenkigoufont コマンドを用います。。
 デフォルトは \kasenkigoufont{\scriptsize} となっています。
#ref(font01.png)

**下線記号を連番で [#e8478d0c]
 下線記号を
   1, 2, 3, ...
   a, b, c, ...
 等と自動的に付けていくには
   <kigou=\itemT>
 として,\itemT コマンドを利用します。
#ref(itemT01.png)
-連番のフォーマットを変更するには,\labelenumT を再定義します。
#ref(itemT02.png)
-複数の系列を扱うには,\itemT の他に~
  \itemTi, \itemTii, \itemTiii~
あわせて4種類が用意されています。
-\itemT, \labelenumT については,[[\itemT コマンドのページ>itemT]] をご覧ください。

**相互参照 [#l7021d33]

**入試問題から [#nyuusi]
|||LEFT:|c
|2008 センター |&ref(center08-kokugo1.tex); |&ref(center08-kokugo1.png);|

RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS