&size(24){''hakohigeG環境''};
 箱ひげ図を描画します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#g8efc9e5]
emathGps.sty

*書式 [#db5c72ce]
+\begin{hakohigeG}<#1>[#2](#3,#4)(#5,#6)
--#1: key=val
--[#2](#3,#4)(#5,#6): pszahyou*環境に引き渡されます。
#1 における有効な key は
::[[bgcolor>#bgcolor]]|箱の背景色
::[[hazuremark>#hazuremark]]|外れ値を示す印
::[[higeopt>#higeopt]]|ひげの修飾
::[[meanmark>#meanmark]]|平均値を表示する印
::[[TBopt>#higeopt]]|ひげ端末横線の修飾
+\hakohige<#1>#2
--#1: key=val
--#2: データ列(コンマ区切り)
#1 における有効な key は
::[[bgcolor>#bgcolor]]|箱の背景色
::[[item>#item]]|当該箱ひげ図の見出し
*例 [#k330727f]
**描画座標平面の設定 [#z0cfcf88]
 箱ひげ図を描画する座標平面を用意します。
#ref(hakohigeG01.png)
-hakohigeG環境は,実質 pszahyou*環境です。
-座標軸は描画されませんから,必要に応じて \Drawline などで描画します。
**\hakohige コマンド [#se88ccac]
 hakohigeG環境内で \hakohige コマンドを発行すると,
 箱ひげ図が横に並べられます。
#ref(hakohige01.png)

**縦軸目盛り [#sc64b15a]
 縦軸に目盛りを入れるには,\tatezikuMemori コマンドを用います。
#ref(tateMemori01.png)

**目盛り線の修飾 [#r2f832ac]
 目盛り線を横幅一杯にするなどの修飾例です。
#ref(tateMemori02.png)
**見出し [#item]
 箱ひげ図に見出しをつけるには
   <item=..>
 オプションをつけます。
#ref(item01.png)
**箱ひげ図の修飾 [#j9211610]
***箱の背景色 [#bgcolor]
 箱の部分に背景色をつけるには,
   hakohigeG
 または
   \hakohige
 に
   <bgcolor=..>
 オプションをつけます。
 前者の場合は,すべての箱が指定された背景色をもちますが,
 後者の場合は,当該の箱のみに対する局所的な指定となります。
#ref(bgcolor01.png)
***ひげの修飾 [#higeopt]
 ひげに対する修飾は,hakohigeG に対して
   <higeopt=..>
 オプションをつけます。右辺値はひげを描画する \Drawline に引き継ぐオプションで,
 右辺値全体を {.....} とグルーピングしておかねばなりません。
#ref(higeopt01.png)
-ひげを細くすると,ひげの端末の横棒も細くしたくなります。~
ひげ端末横棒の修飾は~
  <TBopt=..> オプション~
を用います。
#ref(higeopt02.png)
**平均値の表示 [#meanmark]
 平均値を表示するには,
   <meanmark=..>
 オプションで,表示する記号を指定します。
#ref(meanmark01.png)
**外れ値の表示 [#hazuremark]
 データの中に極端に外れた値があると,ひげが長くなります。
#ref(hazureti01.png)
-このような場合,ひげは外れた値を無視し,外れ値には別途印をつける流儀があります。~
  <hazuremark=..>~
オプションで,外れ値を表示する印を指定します。
#ref(hazureti02.png)
*関連事項 [#leff1148]
-[[yokohakohigeG環境]]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS